サンタフェへ行く。
 本当はスキーリゾートに行く予定が、予約に完全に出遅れどこも×××。 そこで急遽行き先を変更して出かけたのが、サンタフェ。 そう、宮沢りえのあの写真集の撮影地です。 
 「この街にはギャラリーが集まっているようだ」程度の情報で出かけたのですが、実際は「この街はギャラリーでできている」。 街中がギャラリーなのです。300以上もあるのです。

d0036318_1355454.jpgd0036318_13551995.jpgd0036318_13554279.jpg

d0036318_13565277.jpgd0036318_13563779.jpgd0036318_13571287.jpg
d0036318_14461822.jpgd0036318_1411535.jpgd0036318_1412735.jpg
次の場所に移動する予定をもう半日伸ばしても、でもまだまだ見足りない。
 あちこちに”Collector’s Guide”という立派なギャラリーの紹介本が置いてあるので、それで目星をつけながら出かけると、あとで「しまった」となりません。 ギャラリーに興味がなくても街自体がアメリカらしくないかわいらしい場所なので、ぶらぶら散策するだけでも楽しめます。

 なぜここにギャラリーが集積したのかはよく知りませんが、花の絵で有名なジョージア・オキーフもここに移り住んでいます。 それほど大きくはありませんが彼女の美術館もここにあります。

サンタフェ、いやー、実によかったです。 7月から8月にかけて毎年屋外でサンタフェオペラも催されます。 その時期にまた行ってみたいものです。
[PR]
by minabako | 2006-01-09 14:10 | 旅する


<< オーガニックにするべきか、どーか。 ホワイトサンズ >>