木削り教室
 Veniceにある日本の工芸品を扱うとってもセンスのいいお店、tortoiseで見つけた木削り教室に参加してきました。d0036318_9385793.jpgd0036318_9391487.jpg

出来上がり見本。
ナイフを持つのが始めての初心者でも2時間半で、同じようなものが出来上がってしまいます。
d0036318_942798.jpg
まずは自分の好きな木を選びます。
縄文神代杉や屋久杉もあります。 わたしが選んだのは一位の木(Japanese Yew)。
d0036318_9443658.jpg
切り出しナイフ、サンドペーパー等必要なものはすべて用意されています。
 先生は日系アメリカ人のヨウ先生。 ほんわかした優しい先生です。 この日の参加者は少なめの全部で5人。私たち以外は常連さんで自己紹介をしながらの和やかなクラスです。
 恥ずかしながら、ナイフで木を削った経験のない私、しばらくはコツがつかめないでいましたが、しばらくすれば無心になって木を削っていました。気がつけば2時間が経っていた! だんだん木が愛しくなってきます。
 形ができあがれば、あとは仕上げの削り、サンドペーパーかけ、そして最後にトクサという表面がざらざらした植物できれいに磨きます。 ここまでくれば、もう私の作品ちゃんが可愛くて仕方ない! 
 最後はビーズワックスを塗って出来上がり。 いやー、2時間半はあっという間。 そしてこんなに短い時間で作品が仕上げられるなんて。 全員の作品が仕上がった後は作品に名前を付け、みんなで輪になって、それぞれの作品を廻して鑑賞し自分の作品を一言ずつ自慢します。 
 いやー、想像以上に楽しかった。クセになりそうです。 また行こうっと。
d0036318_0502240.jpg
オットの作品 "Peace potato"

d0036318_0504045.jpg
わたしの作品 "tsubo oshi" (出来上がってみたらツボ押しに丁度よかったので・・・。)

 この日はtortoiseのパティオで開催。 4月はtortoise以外でも場所を変えてあと6回開催。 その後ヨウ先生が日本で教えるため9月まではお休みだそうです。

 ところでこのtortoise、お店もすっごく素敵ですが、看板犬fidoもすっごくかわいい。メキシコ生まれの元救助犬。d0036318_0595538.jpgd0036318_122165.jpgd0036318_0515419.jpg

d0036318_052854.jpg
fido~、また会いに行くからね~。

 ●tortoise
1208 Abbot Kinney Blvd Venice, CA 90291 (Jin Patisserieのすぐ近く)
  ウェブサイトはコチラ
[PR]
by minabako | 2006-04-04 10:07 | 遊ぶ


<< 球春到来 腹筋百回 >>