事件?
 それはうららかな昼下がり、美術館にも程近い静かな住宅街での出来事です。
ヨガを終え、ランチやショッピングも済まし、あまりにも気持ち良さそうな空の下、公園でごろごろするのにも飽きて車に戻ったその時、道路を挟んだ向かいの集合住宅から、女の人の甲高い悲鳴に続き、ガッシャーンとガラスの割れる音
 続いてラティーノ系の若い男二人が音のした方から走り出来てきて、一目散に東の方向へ。 そのとき既に車に乗り込んでいた私たちは彼らと併走するような態勢になったので、顔も服装もばっちり目撃。 そのときは何が何だかわからず、せっかく持っていたカメラを使うことすら思いつかず・・・。 
 気になってその現場にもう一度戻ってみると、ちょうどパトカーが何台か急行したところで、同じように目撃した人が彼らの特徴と逃げた方角を説明すると、パトカーはサイレンを鳴らして追跡開始。
 現場に残った警察官の人の簡単な話からは、ただガラスが割られたとしか解からなかったのですが、犯人らしき二人がかかえていたものは? あの女の人の悲鳴は? 一体何だったのでしょう。
[PR]
by minabako | 2006-05-02 06:56 | 暮らす


<< 母の日の贈り物 スンドゥブな夕べ >>