夏の風物詩、Hollywood Bowlへ
 日付けは遡って先週の金曜ですが、Hollywood Bowlへ。
d0036318_825562.jpg

 今年はチケットを取るのにすっかり出遅れ、諦めていましたが、友人夫妻の「ボックス席あるよ」のお誘いにうひょうひょ付いていくことに。 去年のベンチシートからえらい出世です。
 直前に、イギリスでのテロ未遂事件があり、飛行機にボトルが持ち込めないとニュースで報じられていて、ひょっとしてここも・・・?と心配しましたが、心配ご無用、みんな手に手にワインボトル、です。
d0036318_8114542.jpg 演奏が始まるまでの間、持参した食事でピクニックな訳ですが、ボックスシートにはテーブルがある(感涙。)、ワインホルダーまである(感涙。)
 友人のピクニックセット付属のカトラリーに、お皿、ワイングラスで、我々もなかなか「サマ」になっていると悦に入っていたのですが、ちょっとツメが足りなかったのは、テーブルクロスがなかったこと(テーブルが小さいので、プレースマットで十分)と、デザートはインターミッションに食べるものとは知らずに、始まる前に急いで食べてしまったこと。 周りがテーブルを元に戻して、コーヒーとケーキタイムをしている間、手持ち無沙汰な私たち・・・。 次回来ることがあれば、「優雅なアテクシたち」を演出できることでしょう。

 この日の演目はチャイコフスキー。 あぁクラシックですか、と思っていたけど、これが実によかった! 「コサックの踊り」や「ロメオとジュリエット」など、馴染みある選曲に加えて、曲間のドイツ人指揮者のトークも軽快だし、何といってもフィナーレの、LAフィル、USCマーチングバンド、花火の打ち上げとの競演は感動モノ。 Hollywood Bowlに行くのなら、花火のある日がいいかもしれません。
 防寒の用意はお忘れなく、かなり冷え込みますから。
[PR]
by minabako | 2006-08-17 08:42 | 見る・聴く


<< パンドラの箱 生「イナバウアー」 >>