おすすめペーパーバック
d0036318_3203176.jpg 英語で本を読もうと思って、本屋さんで棚積みになっているものを買ってみるも、あっという間に挫折し、今度はウチの本棚に積まれるだけ。 
 とーこーろーが、こんなワタシでも続きが読みたくて一気読みしてしまったのがこちらの本です。
 "The No.1 Ladies' Detective Agency"
by Alexander McCall Smith

 今、Speed Readingというクラスを取っていて、その課題図書の一つです。
舞台はボツワナ。 35歳の太ったバツイチのRamotsweが主人公。 彼女が遺産を元手に私立探偵事務所を開設し、持ち込まれる案件を解決していくというストーリー。
 はじめは子供向けの本なのかと思っていましたが、そうでもないようで、Ramotsweのミュージシャンとの不幸な結婚、一夫多妻に苦しむ女性の苦悩、Ramotsweの父の若い頃の炭鉱での苦労、アフリカの民族間の微妙な緊張感などが下敷きに、加えてアフリカの豊かな自然が背景になっていて、爽やかな読後感。 ところどころに「くすっ」というユーモアや、Ramotsweの周囲の恋愛感も散りばめられています。
 単語も簡単で、もとい難しい単語もあるのですが無視してもストーリーがわかるというすばらしさ。 全部で5冊のシリーズになっており、(英語なのに)続きが読みたいと思った本。
[PR]
by minabako | 2006-10-05 03:38 | 読む


<< セドナへ はじまりはパイレックス >>