3時起きでも見たいもの。
 朝の3時に起きるというのは微妙です。 2時というなら寝ずに待つ、4時というならめちゃめちゃ早起きという時間帯。 3時というのは・・・? 睡眠の確保を「人生のおける至上の命題」と位置づけるオットにとって、「3時に起きて出かける」というのはすごい決断です。
 そこまでして見たかったもの、それは「ロケットの打ち上げ」。
 以前から、カリフォルニアで打ち上げられる1年分のスケジュールを調べていましたが、いよいよ週末に打ち上げになりそうだということで、いざ出陣。
d0036318_2331970.jpg 目的地はどうやって見つけてきたのか、サンタバーバラの北の山の上です。
 流星群を見るときのように、いつ飛んでくるともわからないものをじーと待っているのかと思っていましたが、ロケットというものは打ち上げられる時間が限られているんだそうです。 今回そのウィンドウタイムは6分、どうやらブランケットに包まってぶるぶる震えて朝を迎えなくても済みそうです。
 霧や風の状態で打ち上げ延期になることはままあり、今回の軍事衛星の打ち上げももともとは1年ほど前に予定されていたもの。 今回もどうなるかと気をもみましたが、結局、打ち上げ予定時刻ぴったりに、ぼわ~んと飛び出してきました。 オット大満足。

 わたしが3時起きでも見たいもの、うーん何だろう。 Metオペラをオーケストラ席前方で見られるのなら3時に起きる。 お相撲を升席で見られるのなら起きる。 流星群でも起きる。  もう1回ロケットを見に行こうといわれたら・・・寝る。
[PR]
by minabako | 2006-11-11 02:49 | 遊ぶ


<< こねて焼く。 なつめが甘い。 >>