生タイガー・ウッズ
 アメリカでの楽しみの一つに、プロスポーツ観戦があるように思いますが、週末ようやくプロゴルフツアー観戦。 サンディエゴ近くのTorrey Pinesで開催されたBuick Invitationalへ、生タイガーを観てきました。

 ちょっと前まで、ゴルフのレッスンを受けていたのですが、その先生曰く「プロのゴルフツアーへは朝早く行って、練習場でプロがラウンド前に練習するのを見ると何度もスウィングが見られるのでいい。」そうです。
と言うわけで、近くのホテルに泊まり開場とほぼ同時の7時頃にはゴルフ場に入り、練習場に陣取ってきました。 
 わたしが知っている数少ない出場ゴルファーの中で、フィル・ミケルソンはスタート順が早いので早々に登場。 でかいです、彼。 でもって、ボールが恐ろしく早く遠くへ飛んでいきます。 あんな風に飛ばせたら気持ちいいだろうなぁ。 (って相手はメジャー大会でも優勝しているプロだった・・・。)
 ビジェイ・シンはグローブを脇に挟んでスウィングしたり、斜めに立てたポールでクラブの角度を確認しながら打ったりと、かなり長い時間の練習。 面白いのは、かなりの選手がクラブ自分の前に置いて、足の位置を確認しながら打っていること。 プロでも基本的な練習もするんだー。

 さて、ラウンドの観戦。 8番ホールでは目の前でタイガーがバーディパットを決めるのを、最後の18番ホールではタイガーのティーショットを見てきました。(残念ながらカメラの持込が禁止なので、写真はありませんが。)
 この日、首位に2打差でスタートし、ぐんぐんスコアを伸ばしたタイガー、やはり周りの空気が違います。 ギャラリーの数ももちろんダントツ、タイガーと一緒にすごい数の人が一緒に動きます。 タイガーチャージの結果は優勝、さすがです。

 テレビ観戦と違って面白いのは、ゴルファーに近いこと。 3位と好成績だったルーキーのBrandt Snedekerは練習場までの道ですれ違い、彼の方から手を上げてくれるし、Bill Haasは帽子にサインしてくれました。



d0036318_3594417.jpg タイガーとも記念撮影!!! すごいでしょ。



・・・イベントで撮ってくれる合成写真でした・・・。
[PR]
by minabako | 2007-01-31 04:01 | 見る・聴く


<< たわしからバッグへの道のり ハンドクリームジプシーの行き着いた先 >>