たわしからバッグへの道のり
d0036318_7505849.jpg きっかけは、daysofWLAさんのコチラです。
過去、家庭科の授業の編み物はすべて母にやってもらい、自分には編み物はぜーったいできないと思い込んでいましたが、ふと「たわし」を編んでみたくなり、daysofWLAさんに編み方を教わったのです。
糸の持ち方から始まり、「今わたしどこ編んでいるんだっけ?」というアホな質問にも呆れた顔一つせず、「たわしなんだから形がいびつでもいいのよ~。」と暖かい声に励まされた甲斐あり、なんとか一人で「たわし」が編めるようになったのが3ヶ月ほど前。

d0036318_894039.jpg となると、俄然「たわし」作りに目覚め、せっせせっせと編むものの、肝心の「たわし」が使われることなく(=掃除することなく)積み重なるのを見かねたオットに別のものにしたらと言われ、それもそうだと路線を変更した先がこちら。 レース糸で作ったコースターです。

 これまたあっという間に出来上がるので、再び積み上がるコースターを前に、別のものを作ったらと言われ、それもそうだと路線を変更し、バッグを編み始めたのが一月前。
 今度は思った以上に大変で、一日一、二段編む程度ではなかなか進まず、ようやく本日完成したのが↑のもの。

d0036318_81708.jpg これもレース用の細い糸で編んでいるのでかなりしっかりしていますが、最後は裏地もつけてみました。 
 
 そうして、マイブームがまたひとつ、過ぎ去ろうとしています。 ひゅるる~。
[PR]
by minabako | 2007-02-03 08:27 | 作る


<< 日本語ヨガ 生タイガー・ウッズ >>