チョコな日々。
d0036318_11413637.jpg 今年のバレンタインもまた、うちのオットは出張中。 しか~し、サンフランシスコに行くと言うので、日経新聞の「アメリカチョコレートランキング」で見たチョコレートの購入指令を発動。
Recchiutiというお店のもので、新聞のランキングでは2位のもの。 オーガニック農家の作るハーブを織り込んだチョコレートが特徴。 
指令は一箱だったのですが、2種類買ってきてくれました。 いぇい。

 ちなみに、このランキングで1位だったのが、テキサス州ダラスにほど近いPlanoという街にあるNokaのチョコレート。 新聞の説明によると「フォーブス誌で世界一高額のチョコレートと紹介されたこともあり、2004年のゴールデングローブ賞の候補者に配られた」のだとか。 知っていれば去年の夏にテキサスに行ったときに寄ったのに~!!

 10位までの内、5つはNYのお店、その内3つは食べたことがあるのですが、知らなかったお店もありこれまた知っていれば寄ったのに~!!
 残念ながらLAのお店はランクインしていません。  ビバリーヒルズとブレントウッドにあるK CHOCOLATIERのチョコレートは十分美味しいし、見た目もグッドだと思うんだけど、なぜだ?!

d0036318_1235848.jpgチョコホリック気味なワタシ、最近アメリカではカカオに含まれるフラボノイドが赤ワインよりも多いという理由で、ダークチョコレートが健康的な食べ物的に見られつつあるようで(砂糖たっぷりのチョコじゃ意味ないけどね・・・。)、罪悪感をあまり感じずに食べられるのは嬉しい限り。 頂き物のチョコレートがこんなに集まって、うひょうひょな日々なのです。 チョコレート万歳。




1位 Noka (Plano, TX)
2位 Recchiuti(San Francisco)
3位 L.A. Burdick (Walpole NH)
4位 Kee's Chocolates (New York)
5位 Piron (Evanston, IL)
6位 Christopher Elbow (Kansas City, MO)
7位 Black Hound (New York)
8位 Marie Belle (New York)
9位 Christopher Norman (New York)
10位 Payard (New York)
[PR]
by minabako | 2007-02-17 12:25 | 食べる


<< スキー! スキー! スキー! 日本語ヨガ >>