いきなり怒涛の日々、はじまる。
 つい先日、オットの転勤の内示があり、3週間後には帰国することになりました。

 「いよいよ日本か~。」なんて感慨に耽る間もなく、疾風怒濤の毎日が始まりました。 ここ数年、1,2年毎に引越しており、引越しはお手の物♪なんて思っていましたが、帰国となると通常の5割増しに大変です。

 テスト勉強にしても、旅行の荷造りにしても、最後の最後まで手を付けず、お尻の火が燃え広がってから、ぐわーとやっつけるいつものワタシ、今までの引越しもそんな感じでしたが、今回のアテクシは違いましてよ。
同じ時期に引越す何事にも用意周到なSさん(←ありがとー。)に刺激されて、今回は開幕からエンジン全開、猛ダッシュで突き進んでおります。
 
 人に言うと驚かれる数のダンボール箱に荷物を詰めて転々としてきた我が家。 しかしお次は社宅、ぐっとぐっと減量しなくては家に荷物を置いてんだか、倉庫に寝てんだかわからなくなりそうなのです。。。 兎にも角にもまずは減量。 ばっさばっさと荷物を処分した結果、なななんと、アテクシの体重まで減量。  只今、過去10年で最も軽量級です。

 パンドラの箱も明日開ける予定だし、この後もじわじわ増殖を続けているガラス達は整理、文字通り山ほどある陶器は大方処分の方向。 ムービングセールも始めました。 残った荷物は、船便(一月ほどかかる)と、当座の生活に必要なものを航空便で送るための仕分け。
 各種手続きに、航空券やホテルの手配、部屋の大掃除に、日本の生活のセットアップ準備とやること満載。 今まで帰国する友人も何人も見送りましたがこんな大変なことをしていたのかと改めて思います。

 とはいえ、確実にいつもより1週間はアヘッドな進捗状況。 「もうやることないわ~、ふふふ。」状態めざして頑張ります。
[PR]
by minabako | 2007-03-01 08:51 | 暮らす


<< ひと段落。 スキー! スキー! スキー! >>