2006年 05月 18日 ( 1 )
小さな扉。
d0036318_5113169.jpg 相変わらず帰りの遅い我がオット、久しぶりに早く帰れるという日の晩、待ち合わせをして夕食に。
 "The Little Door"  その名の通り、入口には小さなドアがあるだけで、看板らしきものもありません。 ドアをくぐればそこは、ファンシーでもなくカジュアルすぎることもなく、パティオの広がる居心地のいい空間。 料理はフレンチらしく、見た目も美しくソースの味もしっかりと。 やっぱりたまにはフレンチ、だわ。 
 こういうレストランって付き合い始めた頃の二人が行くといいのよね~、なんて一人悦に入っていると、どうやら頼んだquailがお気に召さない御仁、「Costcoのローストチキンのほうがうまい。」とつぶやくこと頻り。 あぁ、そうですか、何羽でも好きなだけ買ってあげます。
 3種の濃厚なクリームブリュレ(ひとつはラベンダー風味。)で気を取り直し、ゆっくり食事を終えて帰宅してもまだ普段の夕食の時間より早い。 じゃ、DVDでも。

d0036318_5131612.jpg "The Hours"  オットの友人(独身)が、この映画を女性と一緒見てその感想を聞けば、その女性がどんな人かわかると言っていた映画。
閉塞感、のようなものは伝わってきたものの、ストーリーを追うので精一杯。 お互い、「どういうこと?」「この人誰?」の会話を繰り返す・・・。 あぁ、よかったよ、相手がアナタで。

 そういえば、わたしと付き合うよりずっと前、オットの理想は「NHKスペシャルを一緒に見て感想を言い合える人」だったらしいけど、残念ながらその願いも空しく、今や週に一度の「あいのり」を何よりも楽しみにする人になってしまった。 え? つまりはわたしが悪い?  
 
 ●The Little Door
  8164 West 3rd Street Los Angeles, CA 90048
   (323) 951-1210  
  ウェブサイトはコチラ
[PR]
by minabako | 2006-05-18 05:26 | 食べる