カテゴリ:食べる( 25 )
minabako的食パンの作り方
d0036318_8322394.jpg
フードプロセッサーを使った食パンの作り方。

材料(食パン型1.5斤分)
●強力粉 375g  ●ドライイースト 6g(小さじ1.5)  ●砂糖20g  
●塩 7g  ●バター 20g  ●水  30cc+240cc

<準備>
d0036318_44844.jpg・ドライイーストを30ccのぬるま湯と砂糖少々で予備発酵させる。(10分程度)
※イーストは27-30度で最も発酵しやすい。

d0036318_5244937.jpg ・フードプロセッサーに強力粉と砂糖、塩を入れる。(砂糖と塩は離しておく。)
 ・砂糖にめがけて予備発酵済みのイーストを投入する。
 ※イーストは砂糖に触れると発酵促進、塩だと逆の効果。

<捏ね> 
 ・フードプロセッサーのスイッチを入れ、水を少しずつ投入する。
  (後で硬さを調整するため、水は全部入れてしまわない。)
 ・やわらかくしておいたバターを投入。
 ・ドウの硬さをみながら水分量を調整する。 一つにまとまる程度まで。
  (まとまらない程水分が多すぎるときは、粉を追加する・・・のかな?) 
d0036318_5334375.jpg ・ドウのみきわめ
   ドウを伸ばしてきれいに膜が張るように広がればOK。それ以上はいたずらに捏ねない。

<一次発酵>
 ・ドウをおまんじゅうのようにきれいにまとめ、しっかり閉じた綴じ目を下にしてボールに移す。
  ※ボールにPAM等をスプレーしておくとくっつかない。
   綴じ目を閉じて発酵したガスが抜けてしまわないようにする。 
 ・ラップで覆い1時間置く。
  ※乾燥しているLAでは、さらにビニール袋をかぶせておくとよい。

<フィンガーテスト・ガス抜き>
d0036318_6481565.jpg ・指を入れて発酵を確かめる。 穴がくっつかずにそのままになれば発酵完了。
 
d0036318_650017.jpg ・パンチングでガスを抜く
 ※ここでしっかりガスを抜いておかないと、出来上がりに大きな穴が開いてしまう。

<分割・ベンチタイム>
d0036318_6511336.jpg
 ・正確に2分割し、纏めなおし台に並べる。
 ※シリコンのオーブンランナーを敷くとくっつかない
 ・ドウが乾かないように覆いをし、20-30分置く。
 ・パン型にバターを塗り(or PAMをスプレー)、粉をはたいておく。

<成型> 
d0036318_653581.jpg・指先でぽんぽんとガスを抜き、纏めなおして綴じ目を下にして、型に入れる。
 (綴じ目はしっかり閉じる。)

<二次発酵>
 ・びしょびしょに濡らしたタオルを乗せて1時間置く。 d0036318_829956.jpg
・型の8割位に大きさまで発酵すればOK

<焼成>
 ・たまごを表面に塗り、190℃(375F)で25-28分
 ・焼成後、型をぽんぽんと落として形を整える。 
d0036318_8295834.jpg・釜伸びしていれば成功!
←上の方の裂け目が「釜伸び」
[PR]
by minabako | 2005-12-21 07:06 | 食べる
罪なバラ。
最近オットは大変忙しいようで、夕飯は「夕」ではなく「深夜」だったりします。 それならば、おやつを持たせてあげましょう、とマフィンを焼きました。
・・・というのは建前で、NordicWareの型離れを試してみたかったのです。
d0036318_1221722.jpg     d0036318_12212491.jpg






(チーズ、紅茶&レモンゼスト、チョコレート)
ちょっと写真では解かりづらいかも知れませんが、バラの形です。 細かい部分がきれいに型から外れるか不安だったのですが、あっけないほどにすっぽすっぽ取れます。 日本でも人気なのが納得です。 
こうなると俄然、d0036318_12311280.jpg

こんなのや(教会)、
d0036318_1231246.jpg

こんなのを(ツリー)、
すっぽすっぽしてみたいものですが、こんな大きなケーキ、考えるだけで胸焼けがしそう、ここは自制せねばなりません。
それに、この前の旅行の写真を家族に送るべく選んでいて茫然自失。 わたしのお腹周り、ひどいです。 バターたーっぷりのマフィン食べながらPCに向かっている場合ではありません。 くわばらくわばら・・・。
[PR]
by minabako | 2005-12-04 12:46 | 食べる
刺激的なコロッケ。
どの家庭にも常備菜とか、常備冷凍食があると思いますが、我が家の三大冷凍食がコロッケとカレー、ミートソース。いずれも大量に作成し、せっせと冷凍、休日の食事に化けていきます。

d0036318_4114979.jpg昨日は久しぶりにコロッケを作成、16個。 たかが16個、されど16個。 単調な作業の多い孤独な戦いを強いられるコロッケ作り。 刺激を求めて、昨日はいかに短時間で作れるかタイムトライアルしてみました。
ひき肉作りと、たまねぎのみじん切りはフードプロセッサー、じゃがいもは潰しやすいように口の大きい鍋で茹で、小麦粉は茶漉しで一気にふりかけ、無謀にも左手で卵、右手でパン粉をつける同時作業にも突入。
結果、1時間15分で完了。 ふ~。 あと記録を更新する余地があるとすれば、小判型の成型をいかに速くできるようになるかという点と、衣の両手付けワザの精度向上か?!

帰宅したオットに本日の戦果を逐一報告するも、「速いより、おいしいほうがいいけど。」 わかってないなー。 主婦には刺激が必要なのだよ。
[PR]
by minabako | 2005-11-19 00:46 | 食べる
桃林堂
d0036318_1218610.jpg
甘いものが突然食べたくなって、戸棚をごそごそと・・・、ありました、桃林堂の「懐中しるこ」です。 オットの友人がNYにハネムーンにいらしたときに持ってきてくださったものです。(まだ残ってた。) お椀に入れてお湯をそそぐだけ、この程よい甘さを欲していたのです。 ごちそうさま。
食べた後の袋も、箸袋として使えるところがなお嬉しい。 日本からのお土産でとても嬉しかったものの一つです。(何でも有難いのですけどね。)

この桃林堂、表参道の旧富士銀行の隣にあるお店です(HPを見てみると、上野と大阪にもお店があるようです)。 そして、わたしたち夫婦には思い出のお店なのです。 渡米前にバタバタと入籍し、その半年後に一時帰国して結婚披露パーティーをしたときに来てくださった方にお渡ししたのが、このお店の「小鯛焼」。 メデタイ、メデタイ。
d0036318_12352958.jpgd0036318_12342158.jpgd0036318_1335935.jpg
←これです、これ。
その結婚3周年(結婚記念日は別)がもうすぐです。 メデタイ、メデタイ。
[PR]
by minabako | 2005-11-04 12:39 | 食べる
食事を作りたくないときは。
久々に外での食事ネタです。

「食事を作るのは億劫だけど、でもおいしい和食を食べたい」、という時におすすめのお店です。 ロサンゼルスは和食のお店も多いのですが、うなるほどおいしいお店は、お勘定でもうならされたり。 結局、和食はうちで、ということになるのですが、ここはお味も上々、お値段もとても良心的。 食事は「おまかせ」メニューで、$25です。
 例えばこんな感じ。
 ・小松菜のおひたし  ・白和え  ・しめ鯖となます  ・マグロの佃煮
 ・お刺身3種  ・豚の角煮  ・鮭の粕漬けの焼き物  ・茶碗蒸し
 ・メンチカツ  ・麦入りご飯  ・けんちん汁  ・もちアイス
普段の食事に上るようなメニューを少しずつというスタイルですが、こんなに品数があるとお腹いっぱいになります。

外で食べると、後片付けをしなくてもいいのもスバラシイ、スバラシイ。

 ●わかさんち
  1929 Westwood Blvd. Los Angeles 90025
  310-446-5241
  予約必須ではありませんが、お店はすぐに一杯になりますので、予約をオススメします。 ディナーのみで火曜定休。
[PR]
by minabako | 2005-10-23 13:17 | 食べる
オカラ固め
・・・と言っても、d0036318_265399.jpgd0036318_252238.jpgd0036318_254415.jpg
こぉじゃなくって、豆腐のおから、ですのよ、おほほ。

大量に頂いたおから、定番の卯の花炒り以外に使い道はないものかと考え、まずはクッキーを焼いてみました。
おからクッキーは初めてで、小麦粉との割合がよくわからなかったので、配分を変えて2種類焼いてみました。d0036318_6452685.jpg

紅茶(アールグレイ)のクッキー こちらは小麦粉をやや多めに。

d0036318_6425099.jpgウォールナッツを砕いたものを入れ、お砂糖の代わりにメープルシロップを使って焼いています。
時間が経つとしっとりとした食感になります。おから風味は全く感じられず、甘味を抑えたヘルシースィーツ。(でもバターはしっかり。・・・。)
肝心の小麦粉との配分割合ですが、おから(元の重量の3/4位になるまで炒ったもの)に対して小麦粉がその1.2倍前後ってところが落としどころか。

お次は、おからパン。
d0036318_7125251.jpgこちらは、イーストの発酵時間を普段より長めにとるも、うまく膨らまず。やはりおからは強力粉の代わりにはならないのか?! いや、まだ冷凍庫には大量のおからが眠っている。 たゆまぬ研究。 
どすこい、どすこい。
[PR]
by minabako | 2005-10-22 02:50 | 食べる
豚肉対決。 先攻はオット
サンマリノに出かけた帰り、お昼を食べ過ぎてもう何もお腹には入らない、でもこのまま帰るのはもったいないという夕暮れ時、また食材を買いに。
サンガブリエルにはチャイナタウンがあるので、必ずスーパーもあるはず、と狙いをつけて車を走らせると、そこには「超級市場」の看板。これあるよ。
d0036318_1127018.jpg

なかはこーんな感じ。 そこは中国語が飛び交い、経済法則を無視したかのような物価。通貨は人民元、ではありませんけど。d0036318_11304480.jpg

中華系調味料はさすがの品揃え。マンハッタンのチャイナタウンより揃ってるあるよ。オイスターソース、甜麺醤、豆板醤を購入。
d0036318_11305543.jpg
驚異の肉塊。や、安すぎあるよ。ここで3lbの豚肉を購入。以上で会計$11。
帰宅後、肉塊を前にオットと豚肉対決に突入。先攻をとったオットは茹で豚で勝負をかけてきた。わたしは残りを冷凍庫に投入、じわじわと攻めて行くあるよ。

●夏威夷超級市場 Hawaii Supermarket
120 E.Valley Blvd. San Gabriel, 91776

オットの戦いぶりはというと・・・。
[PR]
by minabako | 2005-10-16 11:57 | 食べる
イタリア料理を食らう。
三連休なんですが、最近多忙のオットの都合で旅行の予定も潰れてしまいました。
どーしようかと考えあぐねた結果、食材集めにサンタモニカへ出かけることに。
この前のAnnaのクラスで美味しかった魚介リゾットもいいなぁ。

まずはレストランクォリティの食材とお茶葉、センスのいい食器やキッチンツールの揃う、Le Sanctuaireへ。 大きなお店じゃないけど、置いてある商品の一つ一つにお店のこだわりが感じられるお店です。 時々セールがあるそうで、今日はクリストフルのカトラリーやデキャンタ、エルメスの食器、wusthofのナイフ等々が安くなっていました。(買えませんでしたけど。) LAに来て初めてエシレバターもここで発見。 今日はリゾット用ライスを調達。d0036318_1254697.jpgd0036318_126842.jpgd0036318_1273720.jpg

お次はイタリア食材の揃うBay Cities Italian Deliへ。 Annaお勧めのお店です。 イタリアワインやチーズ、ハムの種類も豊富、デリではサンドイッチがおいしそう。 ここで調味料とおつまみを調達。d0036318_130746.jpgd0036318_1313977.jpgd0036318_130383.jpg
しめはSanta Monica Seafood。 新鮮な魚介類の種類は豊富で迷ってしまいます。 お店も清潔で駐車場にも停めやすい(私には大切な点。あはは。) 値段はWholefoodsよりも少し高いかな。 ここで魚介類をいくつか購入。d0036318_1324820.jpgd0036318_1341737.jpg

最近は美味しいレストラン探求よりも、キッチンツールや食材を探すのがマイブームです。(いつまで続くのか?!)

●Le Sanctuaire
2710 Main St. Santa Monica, CA 90405

●Bay Cities Italian Deli & Bakery
1517 Lincoln Blvd. Santa Monica, CA 90401

●Santa Monica Seafood
1205 Colorado Ave. Santa Monica CA 90404

そうして出来上がったのは・・・
[PR]
by minabako | 2005-10-09 13:18 | 食べる
料理教室なんぞ。
以前は料理なんて面倒なだけだと敬遠していたけれど、結構面白いかも。
(実家では、料理する人=弟という図式が完成していて、私が包丁を握るだけで歓声があがる・・・。)
食べるのも、台所道具や料理本を集めるのもいまや趣味のうち。
食材の値段を頭に入れて、食費を抑えるのはいまや特技のうち。

最近、料理を習ってみたりも。
日本で行っていたベターホームのお料理教室のように、まな板の前での立ち方やお米の研ぎ方から習うのもヒジョーに為になったけど、今やお料理4年生の私はもっと高度な料理を習うのダ。

takekuraemiさんにお誘い頂いて行き始めたAnnaのイタリアンクッキング
普段作りなれない凝った風メニューも、Annaの手早いデモストレーションを見ていると、簡単に出来てしまう錯覚を感じてしまう。
普段の食卓にさささっとイタリアンを並べられるようになりたいなぁ。
(ちなみに件の弟はいまやイタリアンのシェフ。)
AnnaのクラスはWilliams-sonoma(たしかビバリーヒルズ店)でも受けられます。
d0036318_13344786.jpgd0036318_1336578.jpgd0036318_13371175.jpg

そして、懐石料理も。
これは日本で長く習っていらした方にご自宅で教わっているもの。
どれも手が込んでいて、普段の食卓にはまず登場しないだろうけど、日本料理のコツや盛り付け・マナーまで教わっています。 お正月やお祝い事などハレの日にこれまたさささっと作れるようになりたいなぁ。

夢は大きく(?)、なのだ。
それにしてもお腹がすいたよ。 オットよ早く帰って来て。(現在9:40pm)
[PR]
by minabako | 2005-09-14 13:11 | 食べる
Sushi King
お店の名前にひねりはないし、店構えもこういっちゃナンだけど、なんちゃってすし屋風。
でも、いけます。 ネタは新鮮だし、お財布にも優しいんです、sushi king。さすがは王様。

トロやマグロ、アジまでもが"market price"なんて書かれているから、「およよ」と思いますが、でも安心して頼めます。
ちなみに4人で食べて(うち二人は少なめ、日本酒1本ビール1本)、税前100ドル程度。

●sushi king
1330 Wilshire Blvd. Santa Monica
tel 310-395-0120

怪我をして出歩くことの出来ない義母がせめて食事は楽しめるようにと、乏しいレパートリーから毎食のメニューをいろいろひねり出しています。が、そろそろネタ切れ。特にお昼ご飯。
なんかいい案ありませんかー??
 実践済み:そうめん、冷やしうどん、ジャージャー麺、タコス、ひつまぶし
 実施予定:スパゲティ、炒飯、BLT
[PR]
by minabako | 2005-08-29 10:44 | 食べる