カテゴリ:暮らす( 35 )
ほな、さいなら。
これが、Pacific Standard Time 最後の更新です。(多分。)

 昨晩は平日にも関わらず、送別会とワタシの30とウン回目の誕生日を、daysofWLAさんご夫婦と、sakuraさんご夫婦に祝って頂き、いまだに感謝感激のあまり興奮状態です。  サプライズに次ぐサプライズ、こんなに素敵な友に恵まれたワタシたち夫婦は本当に本当に幸せ者です。 

 そして本日、2年間住んだアパートを明け渡し、ホテルに移りました。 がらんどうになった部屋を見ても、ホテルまで送ってくれたsakuraさんに手を振っても、LAを離れるんだ、日本に帰るんだという実感に乏しかったのですが、こうして一人でホテルの部屋で2年間のことを考えると、じわじわと寂しさがこみ上げてきます。 うるうる。 (ちなみにオットは今日も出社。) 
書きたいことはいろいろあるような気もするのですが、このままでは「しょんぼりモード」に入ってしまいそうなので、ここまでにします。 くー。

 今まで拙ブログを読んでくださり、コメントを残してくださり本当にありがとうございました。
 皆さまに感謝しつつ、「ほな、さいなら。」
[PR]
by minabako | 2007-03-22 08:53 | 暮らす
ひと段落。
 帰国の辞令が出てから、2週間経過。
 2日前にようやく大阪の新しい住まいの連絡が会社から入り、昨日は船便も6,7割出し終え(今週末に残り)、ちょっと一息ついたところです、

 帰国の辞令が出たら、きっといろいろと買物をするんだろうなーと思っておりましたが、今回とにかく荷物の減量をお題目に掲げた結果、新たに買いこむ気になれず、買物は特にナシ。 後悔しないのか、ワタシ?!
 来週(もうめでたくないのですが)ワタシの誕生日が来るらしいので、オットにプレゼントだけはしっかりと買って頂きましたけど。

 引越しの作業の合間に、日本で使う家電製品をネットでいろいろと調べているのですが、日本の家電製品はあまりにもいろいろと機能がついていて、どれがいいんだか、さ~っぱりです。 冷蔵庫に洗濯機、乾燥機、掃除機にテレビに炊飯器、オーブンレンジにエトセトラ。 新婚さん並にイチから揃えなきゃならないので大変な出費です。 外は暖かくなっても、懐はしばらく寒~い今年の春です。

 こちらにきてから色々と助けてもらった友人達や、通っていたお稽古事、ひとつひとつに帰国の挨拶をしていくのは、鼻の奥がツンとくるような寂しさがあります。 2年前、NYを去るときにも同じ思いをしました。 次の大阪もまた2,3年の可能性が高いんじゃないかと思います。 いやはや、大変です。 もちろん、いいことも色々ありますけど。 

 LA生活も残りあと1週間。 青~い空を今のうちに楽しんでおくことにしましょうかね。
[PR]
by minabako | 2007-03-15 04:36 | 暮らす
いきなり怒涛の日々、はじまる。
 つい先日、オットの転勤の内示があり、3週間後には帰国することになりました。

 「いよいよ日本か~。」なんて感慨に耽る間もなく、疾風怒濤の毎日が始まりました。 ここ数年、1,2年毎に引越しており、引越しはお手の物♪なんて思っていましたが、帰国となると通常の5割増しに大変です。

 テスト勉強にしても、旅行の荷造りにしても、最後の最後まで手を付けず、お尻の火が燃え広がってから、ぐわーとやっつけるいつものワタシ、今までの引越しもそんな感じでしたが、今回のアテクシは違いましてよ。
同じ時期に引越す何事にも用意周到なSさん(←ありがとー。)に刺激されて、今回は開幕からエンジン全開、猛ダッシュで突き進んでおります。
 
 人に言うと驚かれる数のダンボール箱に荷物を詰めて転々としてきた我が家。 しかしお次は社宅、ぐっとぐっと減量しなくては家に荷物を置いてんだか、倉庫に寝てんだかわからなくなりそうなのです。。。 兎にも角にもまずは減量。 ばっさばっさと荷物を処分した結果、なななんと、アテクシの体重まで減量。  只今、過去10年で最も軽量級です。

 パンドラの箱も明日開ける予定だし、この後もじわじわ増殖を続けているガラス達は整理、文字通り山ほどある陶器は大方処分の方向。 ムービングセールも始めました。 残った荷物は、船便(一月ほどかかる)と、当座の生活に必要なものを航空便で送るための仕分け。
 各種手続きに、航空券やホテルの手配、部屋の大掃除に、日本の生活のセットアップ準備とやること満載。 今まで帰国する友人も何人も見送りましたがこんな大変なことをしていたのかと改めて思います。

 とはいえ、確実にいつもより1週間はアヘッドな進捗状況。 「もうやることないわ~、ふふふ。」状態めざして頑張ります。
[PR]
by minabako | 2007-03-01 08:51 | 暮らす
New Year's resolution
明けきりまして おめでとうございます

年の暮れからお正月にかけて、今年は今までになくゆったりと過しました。
自作のおせち料理らしきものをつつき、あとは近場をぶらぶらと。 アメリカのカレンダーに合わせて、1月2日から始動したのですが、どうもいまだ加速は不十分、いつにも増してスローペースで生活しています。

さて、今年の抱負、ひとつだけ決めました。
 1週間に一つだけ、「重要だけど緊急性の低い」を予定をいれてそれをこなすこと。
d0036318_1072942.jpg昨年の秋に、英語の課題で仕方なく"The 7 Habits of Highly Effective People"という、アメリカで割とよく売れている(一説には1500万部とも)、人生をいかに素晴らしく生きるかがテーマな成功哲学チックな本を読みました。  この手のハウツー本は全く興味がないので、嫌々読んだのですが、一つだけうなずいたことがあります。
 重要性の高低、緊急性の高低でマトリクスを作って、自分のするべきことを当てはめていくと、人は「重要性は高いけど、緊急性が低い」ものを一番遠まわしにする傾向がある、しかし実はこれをすることが、他のすべての用事を実効的に進めるキーになる。
例えていうなら、必要なときになって慌てて探し物をするのでなく、思い切って引き出しの中身全部整理しておく、とか。 そうすると、それ以降に探し物をする時間がぐっと減らせるのです。

 話は飛ぶのですが、以前から時々偏頭痛や腰痛に悩まされているので、最近鍼と東洋医学の治療を受け始めてみました。 そこで先生に言われたのですが、わたしは虚弱体質気味だというのです。
 今まで自分でそんな風に思ったことがないのでちょっとびっくりですが、確かに体力が落ちているのは間違いありません。 基礎体力をつけていくということも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」ことの一つ。 ついつち後回しにしてしまいがちだけど、この日のこの時間は必ずこのエクササイズをすると決めてやろうと思っています。

 でも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」予定は1週間に一つだけにするつもりです。 たくさんあると嫌になっちゃうし、一つだけなら自分に言い訳もできなさそうですし。
 不言実行ができないので、ここに公表してみました。 
[PR]
by minabako | 2007-01-06 10:37 | 暮らす
年末恒例
 いくら日中半袖で暮らしているからって、12月は12月。 やることはやらなきゃなりません。
d0036318_10334036.jpg オットのお尻をたたいて、ホリデーカードを作らせました。作っていただきました。
去年のダウンタウンとステープルセンターを削除、代わりに海とディズニーランド(正確にはアナハイムのものじゃないけど。)を。
「会心の作」なんだそうです。 今年も出来上がってよかった、よかった。と安心していたら、まだ出していない人から何通かクリスマスカードが届いてしまいました。

d0036318_1037695.jpg こちらは作らなくても誰も困らないし、誰にも頼まれていないけど、一応自分の中での年末の行事、リースの作成。今年はシルバーです。
しっかし、いくつもあっても飾る場所もないし、だんだんアイディアも枯渇してきたので今年で打ち止めにしようと思っています。 山のように残ったグルーガン・・・。

 ところで、日本では「掃除をして運を呼び込む」的な本がいろいろと売れているようですね。 今年は、年末の大掃除→紅白→年越しそば→おせち→初詣と、海外に居ながら由緒正しい日本のお正月の迎え方を実践したいと思っているのですが、最初の関門は大掃除。 今日こそ始めようと思ったまま早や数日経過。 運を呼び込む的な洗脳を受けて、掃除の神様に降臨していただきたいものです。

明日こそ、水周りの掃除ができますように・・・。
明日こそ、カードを出し終えられますように・・・。
明日こそ・・・。
[PR]
by minabako | 2006-12-16 10:50 | 暮らす
日本にて。
 たった10日の日本行きからLAに帰ってみれば、驚くくらいに朝晩寒くなっていて、サンクスギビングを終えた街はすっかりクリスマス色が濃くなっており、またLAの冬らしくない冬が始まったなーと感じること頻り。

 久しぶりの日本で感じたこと。

①日本に着いてまず感じたこと。 みんな「黒い」。 
 日本人は髪が黒いし、この時期男性も女性も黒っぽいコートやジャケットを着ている人が多いからね。 アメリカに居る人と違って体型も割と均一だから、余計に「みんな」感を強調。

②たった5年離れているだけで、解からなくなっていることの多いこと。
 東京の地下鉄の主要な駅なら、どの辺りに乗れば乗換えがラクかということも把握していたはずなのに、路線図が頭からすっぽり抜けていた・・・。 目黒から日本橋に行こうとして、路線図がないと行けない。
 で、路線図を持っていない私は喫茶店で隣に座っていた人に、路線図を持っていないか聞いてみるも、みんな持っていない、どうやらケイタイで調べるものらしい。新鮮な驚き。
 さらに、5年前はよく行っていた渋谷の本屋さんまでの道、三叉路でどちらに行けばいいのかわからなくなりました。

③本屋さん
 日本の本屋さんは通路が狭くて、ゆったり座る場所もほとんどない。 いくつか見比べて選ぼうとするとき、大荷物で本屋さんに行っちゃって、大型本を選ぼうとすると大変。 立ちっぱなしも疲れるし、気疲れもします。 本屋さんへは体調のいいときに行かなきゃなりません。

④礼儀
 日本の店員さんはじめ、サービス職の方の丁寧なこと! 痒いところに手の届くようなサービスに、笑顔つきの挨拶。 LA行きの飛行機にのる直前、JALのラウンジのおねーさんに「いってらっしゃいませ。」と声を掛けられたときには、これでアフリカとか中南米の奥地に赴任するという時だったら涙が出ちゃうよというサービス。
 反面、普通の人の「礼儀」には首を傾げちゃうことも。 電車に乗り込むときに割り込んできたり、ぶつかっても知らん振り。 ま、超混雑電車の中じゃ、ぶつかるのも靴を踏むのも当たり前だから、空いている昼間だけ「すみません」というのも違和感があるからね。 


 今回、帰りのスーツケースは、食料品を大量持込していた前回とは違い、食料は醤油、みそ、こんぶだけ(もちろんLAにも売っているけど、今回はデパ地下系)。 あとは趣味の本や東急ハンズ系趣味小物。 急須の「つる」とか、つるを編むための「あけび」とか。 さすがにこれはLAでは売っていない。
それにこの期に及んで、両親に買ってもらったり譲ってもらった和食器を一抱え。 あ、あと最近はまりはじめた「かぎ針編み」本他。 おかげでパソコンに向う時間がすっかり減っちゃって、ブログの更新もままならないのですけどね。 

気づいたこと5つ目。
 LAの空港についてすぐ、「あぁまたアメリカの生活が始まるんだなー、ちょっとしんどいわ。」と一瞬感じました。 こう感じたのは初めて。 ま、すぐに忘れていつも通りの日常生活が始まっていますけどね。  
[PR]
by minabako | 2006-12-02 10:01 | 暮らす
'06ホリデーシーズン到来・・・?!
d0036318_10474577.jpgあせっています。
今朝ふとミルクのパッケージに目をやると、いつもと何かが違う! 
・・・ああっ、牛がキャンディケーンを持っているし、"Horizon"という商品名の代わりに"Ho Ho Ho"(サンタの笑い声)に変わっている!! 
・・・そうか、もう今年ももう終わりが近いのか・・・。
 季節感の乏しいここLAも先週の雨以来、ぐっと冷え込み始めているし、お店の中はハロウィン一色、お向かいの家のベランダにもjack-o'-lanternが飾られています。 (蛇足ですが、4年前、このかぼちゃが1週間かそこらで腐るものだとは知らず、家に置いたまま一時帰国して帰ってみたら「ぎゃお~」となって以来、ワタシの中のトラウマ。)
 うぉー、年の瀬が近づいているとなると、あせる理由も見当たらないのに、なぜかあせってしまいます。 

 クリスマスにはさらにまだ早い気がしますが、デパートでは「クリスマスブック」の配布が始まっています。 Bergdorf Goodmanと同じ系列の
Neiman Marcus、ここのクリスマスブックは豪華なことで毎年話題になるそうで、今年もやってくれてます。
d0036318_1116325.jpg
2009年出発予定のプライベート宇宙旅行6名様。地球へご帰還後はパートナーをいれて12名様での、プライベートアイランドで過すラグジュアリーなバケーション4泊付き。  $1,764,000 (約2億1千万円)
d0036318_11391388.jpg家庭用電源でチャージ可能なエレクトリックカー
時速55~90マイル(約88~144キロ)が可能というから、問題なく使えます。 電源が切れたら? そのときは足でこげます。 電気と人力のハイブリッドカー。  $40,000 (約470万円) ちなみにレクサスIS(旧アルテッツァ)の基本価格$35,705。
d0036318_11592787.jpg
ご自宅の裏庭をウォーターパークに。
もうこれで長い列に並ぶ必要も、荷物をまとめて運転していく必要もありません。 カスタマイズ可能。 もちろん土地はご用意ください。$100,000~ (約1,200万円~)

 わたしは、半分壊れているドライヤーを新しいのに替えてくれるように、サンタさんに頼んでみますかねぇ・・・。
[PR]
by minabako | 2006-10-18 11:14 | 暮らす
Gmailが使えるらしい。
d0036318_852886.jpg 米人学生が時々gmailのメールアドレスを使っているのが気になっていました。 まぁyahooメールとかhotmailの類だろうと思っていたのですが、どうやら、ぐっと気の利いたサービスのようです。

・メールが検索できる。
複数のラベル付けができる。
 (新住所を知らせてくれるメールにラベルを付けたら、後で探しやすそう。)
・アカウント名に勝手に".(ドット)"で分割したり、"+●●"をつけても、同じメールアドレスで受信できる。
 例えば、abcde@gmail.comというアドレスを持っている場合、
 abc.de@gmail.com でも、
 abcde+xyz@gmail.com でも同じアドレスにメールが届く。
 (ネットで買物するとき等の捨てアド代わりに使えたり、連絡網で使えそう。)
スレッド形式で表示されるので、やり取りが長くなっても探しやすい。
スパム削除機能も強力らしい。
・容量が2.7GBある上に、上限に近づくとさらに容量が増える仕組みになっているらしく、実質的に無制限で使える(らしい)。
・メール1通の送受信も10MBまで
まだまだ色々ありそうですが、よくわかりません・・・。

 ここまで色々な機能が備わったメールが無料で使えるとなると、今有料で使っているメールアカウントの意味は???と思ってしまいます。
おまけにGoogleのホームページも色々とカスタマイズできて、使い方によっては便利そうです。
ただ、このGmail、メールの内容を自動解析してその内容に沿った広告を掲載することで収益を上げる仕組みのようで、コンピュータによる解析とはいえ、ちょっと気持ち悪かったりもします。

 このGmailのアカウントの取得ですが、従来はGmailのアカウント保持者からの招待制のみだったようですが、日本からは誰でも取得可能に、アメリカからはテキストが受信できる携帯電話があればパスワードが取得でき、メールアカウントが作成できます。

 日本ではまだそれほどメジャーではない(?)ので、日本語にちなんだ好きなアカウント名を取りやすいというのが今一番の魅力かも。
[PR]
by minabako | 2006-09-18 09:33 | 暮らす
パンドラの箱
 普段はどちらかといえば「整理魔」だと思うのですが、どうしても整理できないものがあります。 それは写真。
 思い出が~とか、スクラップブックを作りたいから~とかといった理由では全くなく、ただの不精。 アルバムに入れるとなると、時系列にしないと気がすまないのがわかっているので、どんどん箱に入れっぱなしになっている写真はもはや恐ろしくて蓋を開けられない。 我が家のパンドラの箱です。
 デジカメ全盛期を迎え、パソコンに放り込んで置けさえすればいい世の中になって、こんなにすばらしいことはないけれど、今度はデジカメからパソコンに移すのが面倒、パソコンのファイルをいちいち作るのが面倒、ときたもんだ。

 初めてオットの実家に行った日、義父から、夫婦の出会いから始まってオットの兄弟が生まれた先は兄弟別に、それはそれはきれいにアルバムに貼られた写真を何十冊と見せてもらい驚愕しました。 我が家のパンドラの箱が見つかってしまったらえらいことです。 (つーか、その遺伝子を引き継ぐオットが整理したらいいっという話です。)

d0036318_9253656.jpg せめて、せめて結婚披露パーティーの写真だけはパンドラから救い出そうと、先日Barneys New Yorkのセールでアルバムを2冊買いました。 滑らかなで発色のいい革、これぞ大切なアルバムに相応しいわっ、さぁ整理するわっ、と意気込んで・・・、思い出しました。

d0036318_9261514.jpg2年前にも同じことを考えて、あのときはSaks Fifth Avenueのセールで、この重厚感がすばらしいっとアルバムを2冊買い、・・・そのままになっていました。
・・・ご丁寧に同じブランドのアルバム。

d0036318_930933.jpg 新しいアルバムを買って10日経った今日現在、パンドラの箱が開けられた形跡もなく、4冊のアルバムはオブジェとしてひっそりと。
 願わくは5冊目のアルバムが買われる前に、パンドラの箱の開けられんことを。
[PR]
by minabako | 2006-08-23 09:35 | 暮らす
今年は豊作
 もったいないほどに太陽がさんさんと降り注ぐロサンゼルスの空の下、うちのオットはベランダにソーラーパネルを取り付けたくて仕方ない様子。 冗談だろうとおもって聞き流していましたが、本気で仕様や値段を調べているのです。 どうやって奴の暴走を止めればいいのでしょう。

 さて、我が家の野菜ちゃんたちはソーラーパワーを使って元気に発育中。
d0036318_10554757.jpg
去年種から育てようとして失敗したシソ、今年は苗から育ててみました。 結果、雑草のようにすごい勢いで育っています。 とても二人家族では消費できず、最近はお会いする人に無理やり押し付けています。
d0036318_10582048.jpg
こちらはトマト2種。 だんだん美味しそうに色づいてきました。 奥のトマトは結構大きめ。 食べ応えがありそうです。
d0036318_1101589.jpg
花が咲いてしまう前に、元気そうなものを摘み取って水に挿し、根が出たら土に戻すというやり方で、こちらのバジルは3代目。 わさわさ育つ頃、バジルペーストにされる運命です。
d0036318_1133780.jpg
雑草のようにたくましいという点では、こちらのサニーレタスもなかなか。 以前育てた一株から種がこぼれ落ち、勝手に芽を出したのが今やこんなに成長し、我が家のサラダライフを支えています。
d0036318_1152783.jpg
野菜じゃないけど、たくましいもの、おまけ。
冬が過ぎる頃きれいに葉を落としたポインセチア、捨てずに、でも手もかけずにベランダの隅に放置していたところ、最近新しく葉をつけ始めました。 今まで冬が終ったら捨ててしまっていた過去のポインセチア達、ごめんなさい。
[PR]
by minabako | 2006-07-01 11:08 | 暮らす