<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
新聞
よく知られている日米の新聞の違い
  ・アメリカでは全国紙より地方紙が有力(田舎の小さな町でもローカル誌   を独自発行)
  ・アメリカの日曜紙はとっても厚い
  ・タブロイド誌を除いて夕刊の発行はない
の他に、気がついたこと。 「アメリカの新聞には連載小説がない。」

アイオワに住み始めて間もない頃、英語の勉強を兼ねて新聞小説を読もうと思い、Des Moines Registerをくまなく探したけど見つからず、仕方なく「アビーに聞いて」(だったかな?)という下世話な人生相談のコーナーをよく読んでいた。(これまた結構面白く、人生相談のネタは万国共通だと納得。)

NYTimesにも見つけられず、アメリカ人に聞いてみたところ、「新聞というのは事実のみを載せるものだから小説はそぐわない」という返事。
実際、数年前にNYTimesに書き下ろしでない小説が掲載されたときは、「これは小説であり事実ではない」旨の注意書が添えられていたらしい。
納得できるようなできないような。 

翻って日本の新聞。
日経新聞に連載中の「愛の流刑地」がすごいことになっている。
96年に連載され話題になった「失楽園」と同じ渡辺淳一作で、不倫の中年男女が主人公と、二匹目のドジョウの意図みえみえなんだけど、内容が前作に比べてもさらに品がなくなり、ただの官能小説になっている。
毎朝混雑した通勤電車であの小説を読んで、世の中のオトーサンは「さて今日も頑張るか」って思えるのかな?! アホらしくなっちゃうと思うけど。
それに、混雑した電車で、前に立ったおじさんがあの小説欄を女子中高生の目の前に向けたらそれだけでセクハラっぽい。おじさんだって安心して新聞読めないよね、日経なのに。

このあと小説の展開はどうなるんだろう。心中じゃぁイマイチだし、オットにばれて修羅場というのも朝から読むのに疲れる。
おっと、結構楽しんでいるじゃない、わたし。 
[PR]
by minabako | 2005-05-28 12:14 | 考える
アメリカ版「漢字」コンクール "Spelling bee"
d0036318_321883.jpg去年の今頃、何気なくつけたTVで放映していたSpelling beeコンテスト。
要は子供達による英単語の綴り方コンクールなんだけど、結構面白い。

順に単語が一つ読み上げられ、その綴りを2分以内に正確に言えるかを競うもので、答える前に、単語の定義・単語の使われ方(文例)・語源(古代ローマとか、ギリシアとか。)を質問することができる。
もちろん、私にとっては聞いたことも見たこともないような難しい単語ばかりだけどね。
緊張のあまり立ちくらみを起こす子供や、涙がこぼれる子供、子供以上に興奮する親達と、人間観察も面白い。

ウェブサイトを見てみると、何と1925年に始まり、第二次世界大戦中を除いて毎年開催、今年で78回目になるそうだ。
アメリカ各州のみならず、カナダやニュージーランド、中米他の地区予選の勝者が、ワシントンDCで行われる本選に進む。
その数、今年は271人、ドイツからの出場者もいる。
出場資格は8thグレード以下(日本の中学校2年生)の他、「コンクール準備のために通常の学校活動をおろそかにしていないこと」なんていうのもあり、一部の過熱振りがうかがえる。

HPには出場者の統計も掲載されており、それによれば12%の子供達は学校に通学する代わりに、家庭での教育を受けているそうだ。この手のコンクールは親が鍵を握っていそうだね。
(ちなみに兄弟構成は、17%が一人っ子で、1%が双子。)

今年の開催は6/1,2.
今年もTVを見たいところなんだけど、日本へ一時帰国の予定。
[PR]
by minabako | 2005-05-25 02:59 | 見る・聴く
ハンドクリーム
アメリカの乾燥した気候のせいなのか、主婦業のせいなのか、(加齢のせいなのか・・否。)手あれが気になる。
d0036318_1371077.jpg
日本で使っていたのは香りもいいこの組み合わせ。クラランスとモーリスメセゲ

d0036318_1433899.jpgこれで物足りなくなってきてからは、Kiehl's(ハンドクリームは使い終わってしまい写真なし。写真は角質用クリーム。これはスーパーおすすめ。)や、C.O.BIGELOWを使っていたけど、今一つこってり感にかけて物足りず。NYのお土産にはいいけどね。

d0036318_1465658.jpg
結局、今は普段はAveenoを日に何度もたっぷり塗り、外出時はクラランス(SPF15)、ささくれができたときはBurt's beesに落ち着いた。


気になっているのはbliss spaの手袋とクリームのセットと、ドゥ・ラ・メールのハンドクリーム
ここまでくると「終点」に行き着いてしまいそうで、手が出ない。
しかし、これだけ労をかけても、何の手入れもしなかった10年前には及ばない。あぁ、これってやはり・・・。
[PR]
by minabako | 2005-05-21 02:05 | 買う
ジェット推進研究所へ行く
週末、ジェット推進研究所(JPL;Jet Propulsion Laboratory)のオープンハウスへ行ってきた。
ここは、NASAに所属する機関で、宇宙の起源に関する研究、地球に似た惑星の探索を行っている。最近では火星探査機スピリットとオポチュニティーの打ち上げに成功し、過去、火星に水が存在した痕跡をつかんでいる。

オットの小学生の頃からの憧れの場所だったらしい。
私は、オットと結婚していなければ、たとえLAに住むことがあったとしても来ることはなかっただろうなぁ。
そういう意味で、興味分野の異なる人と結婚することは面白い。

年に一度のオープンハウスでは、研究者達がロケットやロボット模型を前に説明してくれたり、組み立て施設を見学できたりと大人向けの展示もあれば、キッズコーナーもある。d0036318_4203633.jpg

面白いと思ったのは、宇宙の塵を捕らえるのに使われるという"Aerogel"。
世界で最も密度の低い固体(ガラスの1000分の1)で、くらげのようにまるで宙に浮いているかのような物体。
値段は、reasonably expensiveだそうだ。
d0036318_4195442.jpg


火星探査機打ち上げのドキュメンタリーフィルムにはロマンを感じてしまう。
まったく文系なワタシだけど、子供の頃こんな展示を見ていたら志も変わっていた、かもしれない。
[PR]
by minabako | 2005-05-17 04:27 | 遊ぶ
陶芸
NYにいるときに陶芸を始めた。
初めは92YというJewishのカルチャーセンターで、その後もう一つのスタジオを経て、最終的にはChambers Potteryに落ち着いた。
日本で習ったことはないけど、経験者に話を聞くと、「菊練り3年」柿八年の世界だそうだ。
アメリカでは、始めたその日から土練りもそこそこにロクロに座り作り始める。 出来上がったものが不恰好でも"How interesting shape!"
大らかなアメリカ人に囲まれたお陰で、楽しく続けられている。
LAでは、アダルトスクールに教室を見つけ通い始めた。
以前の教室のように恵まれた環境ではないけど、激安の受講料で楽しませてもらっている。

d0036318_2133630.jpg問題は、どんどん出来上がる作品の行方。
引っ越してくる時に少し処分したけど、また増殖の兆し。
こういうガラクタ(私にとっては愛しい作品)のことを、white elephantと言うそう。
(昔、インドの王様が家来に預けた、珍しいけど役に立たない白象に由来)
[PR]
by minabako | 2005-05-14 07:57 | 学ぶ
腰痛とカイロ
昨年12月、突然前触れもなく腰が痛くなり、1時間後には寝返りも打てないほどになってしまった。
それから3,4日はトイレに行くのも大変な要介護状態。
さらに3,4日は外にも出られず、ひたすらじっとしていた。
(というのも、腰痛から1週間後にスキーに行くためだったんだけど。)
日頃から腰が痛いことは度々あるけど、こんなひどい腰痛は人生2度目。
7年前の腰痛の時にMRIを受けて「中程度のヘルニア」と診断されました。

日本でもカイロに月2度のペースで通っていたのを、友人おすすめの先生を聞いて、ようやく再開。
(ちなみにカイロの創始者はアイオワ(!)で磁気療法士だった人。)
今まで受けていた治療はマッサージもあって、「気持ちいい」治療だったけど、今受けているDr.Joの治療は痛くもないけど、気持ちいいものでもない。

色々な向きで足に力が入るかどうかを確かめ、体のゆがみを調べる。
不思議なことに、あるポイントではまったく力が入らないのに、腰に手を置いたり、口の中に指を入れて上あごを押しているだけで、力が入る。
どうやら私の腰痛は頭蓋骨のゆがみとも関係があるらしく、先生が「ぽきっ」と首を矯正し、上あごを強く押す。
その他、数箇所「ぽきっ」とするだけで、治療は専らゆがみの箇所の確認に当てられます。
30分ほどの治療が終った後はすっきり。このところ腰の調子もいい。

この話をしても、オットはまるで信じないんだけど、いいんです。信じるもののみ救われる。
カイロとヨガでロサンゼルス滞在中に腰痛を治すのだ。
 
 ●Dr. Taisuke Jo
11340 W. Olympic Blvd. Suite340, Los Angeles, CA90064
(310)445-9597
[PR]
by minabako | 2005-05-13 03:03 | 治す
野球
私の野球観戦歴は四半世紀にもなる。
今でも、春と秋の高校野球の時期は、地元名古屋の高校の試合が気になって落ち着かない。(今年の春は愛工大名電の優勝)

小学生の頃、ナイターの時間になると、勉強机の上のラジオを聞いていた。
河埜、松本、篠塚、原、中畑、山倉の頃の巨人ファン。
その後、彼らが引退した後の巨人には興味がなくなり、その後、当時近鉄で投げていた野茂の顔一面のポスター(何のポスターだったのかな?)に、「くら~」ときてからは野茂ファン。
ぬぼーとしているけど、やるときはやるっ!という姿が何ともかっこいい。
MLBに移って10シーズン、チームを転々としながら日米通算200勝目前まできた野茂に、イチローや松井秀のような華はないけれど、雑草のような強さが魅力。

なーんて言いながら、NYヤンキースのジーターの艶やかな守備、A・ロッドの美しいスイングもやっぱりかっこいい。
[PR]
by minabako | 2005-05-10 08:25 | 見る・聴く
うきうき家計簿
家計簿をつけている。

きっかけは、私の金銭感覚に対するオットの不安(?)と、記録好きから。
わたし、決して浪費家ではない(つもり)のに。  ぶつぶつ・・

たまたま見つけたフリーソフトのうきうき家計簿、これが使いやすくて今まで続いている。
すっきりした画面デザインと、複数の口座管理ができるのがいい。
ちなみに我が家のアプリケーション名は、オットが勝手に「はらはら家計簿」と名前を変えた。 何じゃそりゃ。

もっとも、日本で使うことを想定しているから、
 ・小数点以下の金額を入力できない(私は全て×100で記入)
 ・税率も小数点以下の対応が出来ない(全て内税で記入)
という欠点はあるけど、気になるほどじゃない。

二日前、何日も放置してレシートがたまって訳がわからなくなり、「うつうつ家計簿」と化していた記録を整理した(ことにした)。
今日からはちゃんと再開。 
[PR]
by minabako | 2005-05-07 02:39 | 買う
英語でエッセイ
毎週英語でエッセイを書いている。

始まりは一昨年の夏のHelenとの出会い。
以来1年半以上、お互いが旅行する週を除いて毎週会った。
引越しのときに今まで書いたエッセイを積んでみたら6,7センチにもなった。

彼女は長い間ソーシャルワーカー、陶芸の先生として働いたバックグラウンドを持ち、すばらしい知性と記憶力、バランス感覚の持ち主。
英語だけでなく、アメリカ文化、美術、社会問題、ジューイッシュの文化、いろいろなことを教わった。
ボランティアで私の英語を見てくれる彼女に、私も何か彼女の「足し」になる内容にしようと努めてきた(つもり)。
正直、毎週エッセイのお題を見つけるのは結構大変で、テーマを見つけるまでにPCの前で悶々とすること数時間、なんて週もざらだったなぁ。
それでも、どんなに天気が悪くても、多少体調が悪くても、愛犬のfannyが亡くなった週も私に時間を割いてくれたHelenの信頼を失いたくなくて、ヒーヒー言いながらも毎週3,4枚書いていった。

NYを去ることが決まったとき、Helenとのこの貴重な時間を失ってしまうのが本当に残念だった。
そんな私に、Helenは、LAに移ってからも郵便で送ってくれたら、文章を直して送ってくれると言ってくれた。嬉しかった。
Helenにはいくら感謝してもし足りない。

そして今日もまた、Helenに送るためのエッセイのネタ探しに困っている。
[PR]
by minabako | 2005-05-04 14:32 | 学ぶ
冷蔵庫、洗濯機&乾燥機
賃貸アパートの付属設備というのは地方性があるらしい。

アイオワでは部屋に冷蔵庫、洗濯機&乾燥機が各室内に備え付けだった。
(ちなみに、州都デモインで「最も」高い部類のアパートを借りていたのだが、ナンと$1000/m。 2bed&2bath、地下のHeated garage付き。プール・ジャグジー・サウナ・体育館・パーティールーム、ゲストルームが共用施設。土地が安いのね~。)

NYの賃貸アパートは一般的に冷蔵庫は備え付けだが、洗濯機と乾燥機が各室備え付けではなく、共用のコインランドリーを使う。
これが結構高くて、私の住んでいたアパートの場合、それぞれ$1.75。
各フロアにランドリールームがあったので、移動距離はそれほどでもなかったけど、それでもやはり不便。
洗濯&乾燥で$3.5だと思うと、少量の洗濯をするのも躊躇してしまうし。

LAに引っ越すにあたり、私の希望は「洗濯機と乾燥機が部屋についていること」。
ところが、LAでも付いていない物件が多いし、さらに冷蔵庫も付いていないケースが結構あった。
結果、今住んでいるアパートは、冷蔵庫なし、洗濯機と乾燥機の取り付け可能(付いてはいない)という物件。
冷蔵庫はさすがに入居すぐに購入したけど、洗濯機と乾燥機はしばらく考えた。
一応、このアパートにも共用のコインランドリー(洗濯$1,乾燥$0.75)があるから、生活する分には困らないけど、今回はフロアも違うし、台数も少ないので不便なのよね。
でも、何年住むかわからないから、やっぱりもったいない??

逡巡した結果、サイトの個人売買で3年弱使用された洗濯機&乾燥機が$300で売りに出されているのを見つけて購入を決定。
土曜日に届いた。 ホースが一部腐食していたため、取替えが必要だったけど、あとはOK。
これで快適な家事ライフざぁます。
[PR]
by minabako | 2005-05-03 11:58 | 暮らす