<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
井上さんご夫妻のこと
飲酒運転のトラックに追突されて、幼いお嬢さん二人を亡くされた後、この悲劇を繰り返すまいと様々な活動をしていらっしゃる井上さんご夫妻を紹介します。(記憶を頼りに書いていますので、一部不正確な記述があるかもしれません。)

◆事故のあらまし
 99年11月、家族旅行の帰りの東名高速で、飲酒運転のトラックが追突。
燃え盛る車の運転席から臨月間近の郁美さんが、窓を開けて自力で脱出。後部座席の二人の娘さんは既に助けることが出来ず、かろうじて助手席の保孝さんだけが助かることが出来た状態。

 この事故の2,3週間前にわたしは産休に入る直前の郁美さんとお会いしています。 産休でようやく二人の娘とゆっくりと過せると話していらしたのを今でもよーく覚えています。

 3歳と1歳の娘さんのお葬式には、全身ヤケドの保孝さんは参列できず、郁美さんが参列者の前に立たれ、上の娘さんがクリスマス会で歌うはずだった歌を歌われたと聞いています。

 ◆事故の取り扱い
 事故を起こしたのは、高知から東京へ向かう長距離トラックの飲酒運転でした。 この運転手は以前から飲酒運転を繰り返していたようです。
しかしながら、刑法上、彼に問えるのは業務上過失致死罪のみで、最高の量刑は懲役5年。結局、懲役4年の判決で結審。

 ◆井上さんの活動
 ウマが交通機関だった頃から見直しがなされていない刑法を見直すべく、人を殺す凶器になりうる車の事故の厳罰化を求めて、同じような事故の被害者の家族と一緒に署名活動を始められました。
結果、37万を越える署名が集まり、世論に押される形で「危険運転致死傷罪」(最高量刑は懲役15年)が刑法に追加されることになりました。

 その後、悲惨な事故を防ぐべく、免許を取る前の高校生達への講演や、「生命のメッセージ展」と題し、不条理に命を奪われた被害者の等身大の人型と靴を紹介し、いのちの重さを訴える活動を続けていらっしゃいます。

 ◆最近の取り組み
 飲酒運転の上で人をはね、厳罰を恐れて現場を逃走し、アルコール濃度が薄まってから出頭した結果、より悪質なのにもかかわらず刑が軽くなってしまうといった飲酒・ひき逃げ事件が急増しているそうです。
そこで、飲酒・ひき逃げ事犯の厳罰化を求める署名活動を始められました。
 
 保孝さんはいまだにヤケドの後遺症から、仕事の合間に植皮の手術を受けておられます。 郁美さんは仕事を続けながら、その後三人のお子さんを出産、どうしたらあんなに色々なことができてしまうんだろうと思える超人的な活動をしていらっしゃいます。

 ◆わたしから
 かわいい盛りの3歳と1歳のお嬢ちゃんを一瞬にして目の前で奪われてしまうという、想像を絶する経験から生じた負のエネルギーをこういう形で昇華させつづけていくご夫妻は、わたしの価値観に衝撃的なインパクトをもたらしてくれました。
 ご夫妻もおっしゃっておられるように、犯罪の厳罰化がハンドルを握る人への警鐘となり、悲惨な事故で悲しむ人がなくなればと思います。
ロサンゼルスに住み始めて運転をするようになり、車の便利さに慣れてきたところですが、車が凶器に変わるということも忘れずにいようと思います。

上記の署名用紙はメールでお送りすることが出来ます。もし関心をもたれた方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
[PR]
by minabako | 2005-09-30 01:58 | 考える
ハリケーンのその後は。
d0036318_142541.jpg

怒涛の観光をこなして嵐のように去っていった両親より、弟からの預かり物を受け取りました。
それはハリケーンカトリーナの被害者への寄付金$100。
ジャズが好きで、数年前にニューオーリンズに遊びに行った弟には、ニューオーリンズの変わり果てた姿は悲しいものだったのでしょう。

ところで、最近のハリケーンの大型化は地球温暖化と関係があるともいわれています。
地球温暖化、といえば当のアメリカは未だに京都議定書を批准していないんですよね。
世界中のどの国よりも二酸化炭素の排出量が多いのに。

弟に聞いた上でですが、赤十字に寄付金を送るのと一緒に、「地球温暖化問題に取り組む国からの義捐金が、この国の温暖化への取り組みを前進させるきっかけになればと願っています。」というレターを送るつもりです。
[PR]
by minabako | 2005-09-29 13:55 | 暮らす
秋のケハイ
d0036318_1312851.jpg

  ヨガのクラスを終えて、ふと顔を上げてみたら、秋のケハイ。
  もう、秋か。
  4度目のアメリカの秋がもう始まってたんダ。
  そういえば朝はパジャマだけじゃ寒いし。

  でも、ヤンキースはまだまだ熱いのダ。
  今週末のボストンとの直接対決3連戦は、今年の夏のオオトリですぞ。

  あ、今ボストン負けてる。 ヤンキース、も、負けてる(7回オモテ)。
  まだまだわたしも熱いのダ。 夏は終らないのダ。
[PR]
by minabako | 2005-09-28 13:08 | 暮らす
国立公園ツアーで出会ったスゴイ奴。
お次は、ザイオン・レイクパウエル・モニュメントバレー・グランドキャニオンを巡るJTBのツアーに参加。
このツアー、両親のために日本語ガイドが付くので選んだのですが、このガイドが、私の英語習得に大きな反省を促すすごい奴だった。

奴、20代のハクジン男性です。 生まれも育ちもアメリカ。日本の滞在経験は3年。 すごいんです、奴の日本語。
ガイジンの話す日本語じゃあなくって、日本人の話す日本語。敬語も完璧。
ガイドはこんな具合。
 ・(墓地の説明で)「自分のお墓がない人生ってハカナイですよねー。」
  (一同笑)「ま、ボチボチいきましょか。」
奴、ベタな駄洒落がお好みです。

 ・「今日は朝から忙しかったからお腹空いてないんです。アワ食ってましたから。あ、みなさん知ってます? アワを食うの語源は泡じゃなくて慌しいのアワなんですよ。」
ガイジンに日本語を教わるとは・・・。

 ・「忘れ物ありませんかー? カメラ、財布、ワイフ~?」
おいおい・・・。

 ・(ツアー参加者に長崎出身の方がいると知って)「僕ね、長崎の天気チェックしてきたんですよ、長崎は今日も雨だった。」
 ・「日本人は略語が得意ですよね。コクるとか。」
奴は老若男女に対応可能。

すごいでしょ。 グランドキャニオンと同じくらいに感動いたしました。
趣味は四字熟語のしりとりだそうです。 読んでいた本は「残しておきたい日本語」でした。

あ、国立公園ツアーですか。 それはみなさんの感想通りすばらしいものでした。(貧弱なボキャブラリーですみません。)
d0036318_9342787.jpgd0036318_9344116.jpgd0036318_936415.jpg
[PR]
by minabako | 2005-09-25 09:35 | 旅する
Le Reve @Wynn Las Vegas
d0036318_84131100.jpg
ラスベガスに今年の春オープンしたばかりのホテル、Wynnで"Le Reve"を鑑賞。

d0036318_981327.jpgオーの監督と同じ人の作品だそうで、こちらも水を使ったシルクドソレイユのパフォーマンス。
ラスベガス大全の解説どおり、円形の舞台は死角なくとっても見やすく、ショー自体も期待通りのものでした。
これから見る方のためにネタは伏せておきますが、きっと楽しめること請合い。
少し早めに席について、始まるまでのパフォーマンスを見逃さないように。

このホテル、ベラージオを抜いて現在もっとも建築コストの高いホテルだそうで、一見の価値があります。 ホテル内の中華レストランのお味もまずまず。

さ、お次は出社するオットを残して国立公園ツアー。ムスメ、頑張る。
[PR]
by minabako | 2005-09-25 08:58 | 見る・聴く
親孝行の夏 其ノ二
今度はわたしの両親が来訪。
土曜日の朝、LAに着き、昼食後疲れをものともせず、観光へGo!

まずはCentury Cityのモールで早くもお買い物。
それぞれ秋物の洋服を入手した後は、ハリウッドへGo!

チャイニーズシアターに行き着く前に、DFS Galleria(免税店)でまたもやお買い物。
ここは米国居住者はVIPカードを作ることができ、それを使うと同行者も15%割引で買い物できます。(一部セール品とブルガリ等の除外品あり。)
空港受け取りの商品も多いですが、コーチやレスポートサック等はその場で受け取れるので、居住者もオトクな買い物ができます。

ようやく、チャイニーズシアターにたどり着き、お決まりの観光の後は、ダウンタウンのオットのオフィスを見学。おなかが空いたころ、レストランへGo!
今日は、味よりも景色重視でレストラン選び。ここはダウンタウンのビル群から少しだけ離れ、周りに高いビルが無く、フロア全面の窓が大きいので、夕焼け~夜景がとてもきれいです。今日は中秋の名月もきれいに見えました。
 ●Windows
1150 South Olive St. 32F
213-746-1554

さ、日曜からはラスベガス1泊&国立公園2泊3日ツアーです。
怒涛の観光三昧週間は始まったばかり。 もう若くない両親、疲れすぎなきゃいいのですが。
[PR]
by minabako | 2005-09-18 15:50 | 遊ぶ
End-of-class Party
d0036318_1281097.jpg
昨日でFinanceのクラス終了。 最後に持ち寄りのパーティーがありました。
メニューが重ならないよう、事前に各自何を持っていくか幹事Mにメールすることになっていたのですが、ここでまた一悶着。

ワインを持っていくというCからのメールに対して、キャンパス内のアルコール消費に関する規定(よく見つけてきたものだ。)をコピーして水を差すJ。
うんざりムードに、じゃ、僕はCampus policeを持っていくというTのメールでやや和み始めたものの、何も持ってこない人は食べる資格が無い言い出すJ(再び)。 最後はMの大人な対応で丸く収まったものの、エキセントリックなクラスメートが一人混じっていたようです。

クラスは終ったものの、持ち帰りのテストの締め切りは2週間後。また頑張り所です。 このクラスのメンバーの何人かとはそのうち同じクラスを取ることがあるのでしょう。
[PR]
by minabako | 2005-09-17 01:45 | 学ぶ
コイン収集癖
d0036318_3295712.jpg
結構みんな集めている50州クォーター、ご多分に漏れず私もコレクターです。 
NYにいるときはPモノ(Philadelphia鋳造)が多かったけど、LAに越してきてからはDモノ(Denver鋳造)が殆ど。 アイオワは地図上では半分より東ですが、デンバーが近いからかDモノが多かったような記憶。
d0036318_3331296.jpg         

←2005年発行分もPモノが埋まっていません。
NYやLAでは、自分の住む州のクォーターがどんなデザインになろうが気にする人も少ないと思いますが、アイオワではビッグニュース並の扱い。 
現在の候補はこれっ!という記事が何度も新聞に出ていました。 
豚とかコーンとか「農業州だ!どうだ!」というデザインを期待していたのに、結局、"教育のアイオワ"みたいなデザインになってしまい残念。

このクォーター、州によって発行枚数が異なります。(コチラを参照)
州の大きさとか人口とは関係がなく、何によって決まるのかわかりませんが、これによると一番手に入りにくいのがメイン州。 最も希少価値があるのは、間違いなくtakekurakenyaさんご紹介のウィスコンシン州のエラーバージョンでしょう。

2008年まで続くこのシリーズ、いつまで貯められるかな・・・?

おまけ
[PR]
by minabako | 2005-09-16 03:56 | 暮らす
料理教室なんぞ。
以前は料理なんて面倒なだけだと敬遠していたけれど、結構面白いかも。
(実家では、料理する人=弟という図式が完成していて、私が包丁を握るだけで歓声があがる・・・。)
食べるのも、台所道具や料理本を集めるのもいまや趣味のうち。
食材の値段を頭に入れて、食費を抑えるのはいまや特技のうち。

最近、料理を習ってみたりも。
日本で行っていたベターホームのお料理教室のように、まな板の前での立ち方やお米の研ぎ方から習うのもヒジョーに為になったけど、今やお料理4年生の私はもっと高度な料理を習うのダ。

takekuraemiさんにお誘い頂いて行き始めたAnnaのイタリアンクッキング
普段作りなれない凝った風メニューも、Annaの手早いデモストレーションを見ていると、簡単に出来てしまう錯覚を感じてしまう。
普段の食卓にさささっとイタリアンを並べられるようになりたいなぁ。
(ちなみに件の弟はいまやイタリアンのシェフ。)
AnnaのクラスはWilliams-sonoma(たしかビバリーヒルズ店)でも受けられます。
d0036318_13344786.jpgd0036318_1336578.jpgd0036318_13371175.jpg

そして、懐石料理も。
これは日本で長く習っていらした方にご自宅で教わっているもの。
どれも手が込んでいて、普段の食卓にはまず登場しないだろうけど、日本料理のコツや盛り付け・マナーまで教わっています。 お正月やお祝い事などハレの日にこれまたさささっと作れるようになりたいなぁ。

夢は大きく(?)、なのだ。
それにしてもお腹がすいたよ。 オットよ早く帰って来て。(現在9:40pm)
[PR]
by minabako | 2005-09-14 13:11 | 食べる
たまにはアート
LAは都市の規模に比して、美術や舞台芸術が少ないというのがステレオタイプ的印象。
わたしも初めはそう思っていたけれど、いやいやどうして、お手軽にゆったりと楽しめる場所はちゃんとありました。

例えば、LAカウンティ美術館(通称LACMA)
d0036318_3493439.jpg
ツタンカーメン展などの特別展は別にして、毎日5時以降はタダ。
金曜は9時まで、それ以外の曜日も8時まで開館しているから、5時以降に入ってもそれなりに楽しめる。
金曜日はジャズコンサートもあり。 カフェでぼーっとしながら夕涼みっていうのもあり(ちょっと寒い)。

そりゃ、フェルメールはないけれど、でも観客の少ない展示室でゆっくり見るRothkoやIsamu Noguchi、PollockなんてNYのMetやMOMA、日本の美術館では味わえない良さがあるような気がしています。
(オットの影響で、最近はモダン~コンテンポラリーアートに傾倒気味。)
10/2まで開催中のレンゾピアノ展も、建築が好きな人はきっと楽しめると思います。 d0036318_3512316.jpgd0036318_35209.jpg

例えば、ギャラリー。
d0036318_4154549.jpgサンタモニカにギャラリーコンプレックスがあります。
日本のギャラリーって何となく敷居が高い雰囲気だけど、そんなオーラはまったく無く美術館に立ち寄る気軽さでぶらりとどーぞ。 もちろん購入可能、値段表も置いてあります。
オープニングにあたるとシャンパンが振舞われたりも。
d0036318_433029.jpgd0036318_434533.jpg

●Bergamot Station Arts Center
2525 Michigan Ave. Santa Monica
ウェブサイトはコチラ
[PR]
by minabako | 2005-09-09 15:49 | 見る・聴く