<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
レイクラスベガスに泊まる
今回のラスベガスの宿泊はストリップ沿いではなく、30分ほど車を走らせたレイクラスベガスにしてみました。 とってもよかったです。 その理由は、
 ・落ち着いたリゾートで、のーんびりくつろげる。
 ・従業員教育も行き届いており、気持ちいい。
 ・ストリップ沿いのホテルに比べて割安。
 ・ラスベガスのホテルは駐車場がタダなので、車での移動に無理が無い
d0036318_9401393.jpgd0036318_95787.jpgd0036318_9403979.jpg

深夜へろへろになるまでカジノをしたい、踊りたい(?)、というのでなければここはお勧めです。 またラスベガスに来ることがあれば、ここに泊まりたいなぁ。

ところで、この旅、ここまでは宿はリッツカールトン、食事はロブションと普段の生活とかけ離れて豪勢に遊んでいますが、後半は安モーテル&持参したインスタント麺へと突入します。 めりはり効きすぎですが、そうでないと落ち着かないんです。やれやれ。

お風呂でアイス
[PR]
by minabako | 2005-11-29 09:20 | 旅する
ショウ二つ。
ラスベガスではカジノよりショウ派です。 今回は2つ鑑賞。

d0036318_14295943.jpgd0036318_14301266.jpgd0036318_14302414.jpg
一つ目はオットの希望でセリーヌディオンの"A New Day"  これはショウというより、コンサートですね。 6年ほど前に東京ドームで、セリーヌディオンが葉加瀬太郎のバイオリンをバックに歌った"My heart will go on"は本当にすばらしく今でも鮮明に覚えています。 今回もそのイメージが強くて、ちょっと期待しすぎたのかな、ややハズレ。(というのは私の印象で、オットはまずまずそうな顔でしたし、舞台装置は素敵でした。)

お次はシルクドソレイユのKAへ。
d0036318_14525728.jpgd0036318_14594732.jpgd0036318_2574323.jpg
KA=火のショウと思っていましたが、そうではないんですね。火が使われるのは少しだけです。 KAは何といっても舞台が派手。 大掛かりなセットに魅せられます。 前回見たLe Reveの身体能力の極限に挑戦、に対してこちらはダイナミックな舞台で勝負、というところでしょうか。 ところで、見ている途中で思い出したのですが、舞台で超人的なバトントワリングをみせているのは日本人の女性ですよね。 以前彼女を追ったドキュメンタリーを見ました。 後で調べてみたら世界選手権でも金メダルをいくつもとった高橋典子さんという方。 すっごいです。
[PR]
by minabako | 2005-11-27 15:03 | 見る・聴く
ラスベガスへ再び。(まずは買い物)
サンクスギビングの連休、どこへ出かけようか散々考えた挙句、結局ラスベガスへ。
この時期はアメリカ人が最も移動する時期。 渋滞を覚悟していたのですが、蓋を開けてみると、最初から最後までスムースに流れ、途中のアウトレットでもじゅーぶん時間が取れました。いぇい。 ニュースによると、今年の移動ピークは火曜日だったようですね。

アウトレットは、CA州とNV州の州境付近にある、Fashion Outletへ。 久しぶりのアウトレットに俄然、物欲がふつふつと・・・。 とりあえず、まずは家族のためのクリスマスプレゼントを物色。 今年は何とか両家へクリスマス前までにプレゼントが届けられそうです。 このアウトレット、地味なようで何気にTOD'Sや、バーバリー、BALLYも入っています。 TOD'Sでは、なななんと、ホーガンのスニーカーが$95のセール中!! 鼻息荒く突撃するも、残念ながらわたしのサイズはなし。 く~。 結局他で2年越しに欲しいと思っていたコートを見つけ、ついに購入。 う~、うれしい。 あとはお決まりのWilliams-sonoma等で。

ところで、この旅行に持って行こうと思って焼いた「あんぱん」を家に忘れました。 く~。 忘れたと思うと、無性に食べたい「あんぱん」。 帰ったらカビてるだろうな・・・。
[PR]
by minabako | 2005-11-25 07:19 | 旅する
クリスマスリース
d0036318_533971.jpg
普段クラフトの類はやらないのですが、ここ数年クリスマスリースを毎年作っています。これが今年のリース。
材料を買いだしに行く前は、白とシルバーでまとめるイメージだったのですが、思っていたようなパーツが見つからず断念。 なんだかかなりカントリーチックになってしまいました。 オット曰く「庭で枯れて落ちた枝を拾ってきたみたい」、ってうちに庭ありませんけど? 今年はグルーガンを使わずワイヤーの素材をそのまま付けています。

d0036318_546412.jpgこれが去年のリース。 こちらはグルーガンでとめています。 Michael'sのようなお店の無いマンハッタンで苦労して集めた材料です。

d0036318_5494343.jpgあまりご披露したくないのですが、この壮絶なのが一昨年のリース。一日教室に参加して作ったのですが、ひとつひとつがゴージャスなパーツもここまで、「こてこててんこ盛り」にするとまるでお化け屋敷です。

ツリーのオーナメントも、旅行先などで毎年1~3個程度買い集めて、年号を入れています。おっと、その前に、うちにはツリーがありませんけど。
[PR]
by minabako | 2005-11-21 06:00 | 暮らす
刺激的なコロッケ。
どの家庭にも常備菜とか、常備冷凍食があると思いますが、我が家の三大冷凍食がコロッケとカレー、ミートソース。いずれも大量に作成し、せっせと冷凍、休日の食事に化けていきます。

d0036318_4114979.jpg昨日は久しぶりにコロッケを作成、16個。 たかが16個、されど16個。 単調な作業の多い孤独な戦いを強いられるコロッケ作り。 刺激を求めて、昨日はいかに短時間で作れるかタイムトライアルしてみました。
ひき肉作りと、たまねぎのみじん切りはフードプロセッサー、じゃがいもは潰しやすいように口の大きい鍋で茹で、小麦粉は茶漉しで一気にふりかけ、無謀にも左手で卵、右手でパン粉をつける同時作業にも突入。
結果、1時間15分で完了。 ふ~。 あと記録を更新する余地があるとすれば、小判型の成型をいかに速くできるようになるかという点と、衣の両手付けワザの精度向上か?!

帰宅したオットに本日の戦果を逐一報告するも、「速いより、おいしいほうがいいけど。」 わかってないなー。 主婦には刺激が必要なのだよ。
[PR]
by minabako | 2005-11-19 00:46 | 食べる
辞書
d0036318_177412.jpg渡米前に、オットに勧められて電子辞書を買いました。 「紙の辞書に線引いてなんぼ」の受験生時代を送ってきたわたしとしては、どうも邪道な気がしていたのですが、今やなくてはならないわたしの右腕です。
3年半前に買ったときはそこそこの機種だったのですが、今や画面も大きくなり、辞書も何種類も入っているものが売られているんですよね。 中には「英語活用大辞典」が入っている機種があって、これが欲しいんですよ。
1年ほど前からウェブ版(月額使用料420円)を使っていて、自宅のPCからアクセスしています。 単語の事例が豊富に載っていて、英文を書くときにとても役に立ちます。 単語のニュアンスとか、前置詞の使い方、連語の事例がよくわかります。
例えばこんな感じ。(サンプルページから抜粋。あまりいい例で無いような気もしますが。)
-------------------------------------------------------------------
1 tend v.
(…する)傾向がある; 結果的につながる[資する, 役立つ]; (道などが)…へ向かう.
【+前置詞】
It tends rather to confusion than to clearness.
 ⇒ それは明瞭にするよりもむしろ混乱させる傾向がある
This road tends to the south here.
 ⇒ この道はここで南に向かっている
tend toward selfishness
 ⇒ わがままになりがちである
He tends toward anxiety.
 ⇒ 心配性だ
tend toward centralization
 ⇒ 中央集権に傾く.
【+to do】
Excessive drinking tends to produce liver disease.
 ⇒ 過度の飲酒は肝臓病を起こしやすい
We tend to use this word in formal contexts.
 ⇒ 形式ばった文脈でこの語を使う傾向がある
-------------------------------------------------------------------

でも、角も剥げてぼろぼろになったわたしの電子辞書。今や戦友のようで買い換えることができないのです。

辞書といえば、新明解国語辞典(三省堂)って面白いんですよ。
まじめな辞書がこんな定義を載せているなんて思いもしないですよね。

どうぶつえん【動物園】
 生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀なくし、飼い殺しにする、人間中心の施設。 (第4版)

「飼い殺し」って・・・。

ぼんじん【凡人】
 自らを高める努力を怠ったり功名心を持ち合わせなかったりして、他に対する影響力が皆無のまま一生を終える人。〔マイホーム主義から脱することの出来ない大多数の庶民の意にも用いられる〕(第3版~第5版)

き、きびしい・・・。

まだまだ「いかした」定義がたくさんあります。 この辞書を研究する(?)サイトもあるので、秋の夜長のお退屈凌ぎに是非どうぞ。d0036318_1781484.jpg


←我が家にもあります。
[PR]
by minabako | 2005-11-15 16:36 | 学ぶ
「松井秀喜」であるということ
d0036318_15101844.jpg日経新聞にヤンキースの松井の特集が連載されています。 今週のインタビュー記事より抜粋。(写真も)

-今の夢は。
 「自分の夢は何かといわれると難しい。 夢っていうより使命みたいになっちゃいますよね。」

-松井秀喜とは。
 「松井秀喜でいることによって、自分の感情のままに動けないことは多々あります。 しょうがないことですよね。 松井秀喜は公共物? 認めざるを得ないですよね。 窮屈な思いもしなくちゃいけない。 自分にとって受け入れたくないことっていっぱいあるわけじゃないですか。 でも、それは受け入れなくちゃいけない。 受け入れることによって、自分自身としてはある程度、なんでも我慢できる。」
 「今幸せか? 難しいですね。 世界一の環境で野球が出来るってことが、幸せと感じるんだったら幸せでしょうね。 それができるんだったら、なんでも我慢できるっていう人間だったら、間違いなく幸せでしょうね。 そういう意味では幸せかもしれないですね。」

まついー、大丈夫かーい? 
TVのインタビューで答え終わった後に、よく口をきゅっと一文字に結ぶのが気になっていました。 「忍」という言葉が顔ににじみ出ている様で。

英語の環境に置かれて言いたいことも言えないことも多いだろうし(わたしもよーーーーくわかる。)、日本人以外にもつと有名になった今では、山手線の中より狭いマンハッタンを歩くことも出来ないだろうし。
そして何より一度自分で作り上げてしまった「松井秀喜」像を、違う方向に向かわせることはなかなかできないんだろうなぁ。
と、スーパー一般人の私に解析されたくはないだろうけどね。失礼しました。
 
15日が契約更改の期限でしたっけ? 「松井秀喜」の「幸せ」は納得のいく条件での再契約にあるんですよね。
野球ファンとしてはそうあって欲しいと思います。 松井にはピンストライプのユニフォームを着続けて欲しい。
でも、松井秀喜ファンとしては、ドライブでも楽しめるような場所に移籍して気分転換を図りつつ、いずれまたヤンキースに復帰して息の長い選手でいて欲しい、なんてことも思うのであります。
[PR]
by minabako | 2005-11-11 15:31 | 考える
ホリデーシーズンに向けての意気込み。
この季節になると毎年、「今年こそは年賀状(今はクリスマスカード)を早く出そう。」と思います。 そして毎年いいスタートを切るものの、途中で息切れして、結局ぎりぎりになってバタバタするのも毎年のこと。 今年こそ!

d0036318_2193850.jpg自分でデザインを考えて作るのは好きですが、オットも好きらしく、結婚以来オットの作るものをわたしも使っています。
←これは去年のパターン。(NYのスカイライン) 今年もわたしはオットのお尻を叩くことに専念。あはは。その代わり、カードを売っているお店を何件か見つけてきました。 こんなんでどうでしょう、旦那はん。

d0036318_2331475.jpg切手は、ホリデーシーズン用もありますが、イサムノグチのものや、アメリカの近代建築シリーズが好きです。
いずれも37¢のため、日本に送るときは、37¢×2と3¢×2となってうるさくなってしまうのが難。
d0036318_2334152.jpg
d0036318_232211.jpg
普通郵便の場合、12/14までに投函すればクリスマスまでに日本に届くようです。 今週こそ、宛名リストを整理しようっと。

カードショップ
●Paper Source (ビバリーヒルズの他にもお店有り)
 9460 bringhton Way Beverly Hills, CA 90210
 ウェブサイトはコチラ

●sugar-paper (センチュリーシティ)
 1749 Ensley Ave, Los Angeles, CA, 90024
 ウェブサイトはコチラ

●Soolip Paperie & Press (ロバートソン近く)
 8646 Melrose Ave. West Hollywood, CA 90069
 ウェブサイトはコチラ

●Flax pen to paper (ウェストウッド)
 1078 Gayley Ave. Los Angeles, CA 90024
 ウェブサイトはコチラ
[PR]
by minabako | 2005-11-09 03:00 | 暮らす
プロ、ないしはマニアのためのキッチンサプライ店。
アメリカに来て以来、キッチン周りのガジェットに魅せられているわたしですが、とうとうLAでも「他にはない」お店を発見。
d0036318_643699.jpg
毎朝の自家製食パン用のイーストが底をつきかけていたため、同じものを探していてたまたま見つけたお店です。
d0036318_646629.jpg基本的にはプロ用のため、私が中に入れそうなお鍋、とか、それをかき混ぜるためのボートのオールのような棒、とか、レストラン用の冷蔵庫、とか、ピザ屋さんの配達用の保温バッグ、とか、つまりは一般家庭用でないものが大半です。 ここの商品だけでレストランが開業できそうな品揃えなのですが、普通に使える小物やあったら便利そうな器具も豊富。
d0036318_6431571.jpg食材も見逃せません。 製菓用の材料も豊富ですし、イタリア料理はじめいろいろな料理の「他ではなかなかみない」食材も豊富です。
ここで購入したOrganic High Gluten Bread/Pizza Flour で焼いたパンは生地の伸びがよく、ふんわり焼けました。 LAにいる間中、この粉を使い続けますよ、わたし。

忘れてならないのが、リーズナブルな価格設定。他よりも安いことが多いのがここのいいところ。 

つい最近、リニューアルオープンし、以前の薄暗いお店から一気に明るい開放的なお店になりました。 併設するカフェもただいま開店準備中。

日常的に使うものや、ちょっとこじゃれたキッチンガジェットを探すなら、Williams-sonomaや、Sur La TableBed, Bath & Beyondの方がオススメですが、プロ用を覗いてみたいという方にはこのお店です。

●Surfas
8777 W. Washington Blvd. Culver City, CA 90232
ウェプサイトはコチラ
ネット販売もあり商品がみられます。
[PR]
by minabako | 2005-11-06 06:28 | 買う
桃林堂
d0036318_1218610.jpg
甘いものが突然食べたくなって、戸棚をごそごそと・・・、ありました、桃林堂の「懐中しるこ」です。 オットの友人がNYにハネムーンにいらしたときに持ってきてくださったものです。(まだ残ってた。) お椀に入れてお湯をそそぐだけ、この程よい甘さを欲していたのです。 ごちそうさま。
食べた後の袋も、箸袋として使えるところがなお嬉しい。 日本からのお土産でとても嬉しかったものの一つです。(何でも有難いのですけどね。)

この桃林堂、表参道の旧富士銀行の隣にあるお店です(HPを見てみると、上野と大阪にもお店があるようです)。 そして、わたしたち夫婦には思い出のお店なのです。 渡米前にバタバタと入籍し、その半年後に一時帰国して結婚披露パーティーをしたときに来てくださった方にお渡ししたのが、このお店の「小鯛焼」。 メデタイ、メデタイ。
d0036318_12352958.jpgd0036318_12342158.jpgd0036318_1335935.jpg
←これです、これ。
その結婚3周年(結婚記念日は別)がもうすぐです。 メデタイ、メデタイ。
[PR]
by minabako | 2005-11-04 12:39 | 食べる