<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
冬もゴルフ、なのか。
d0036318_1155860.jpg夏はゴルフ、でもなかったけど、今週末にかけてゴルフ合宿に出かけます。 オットの両親が滞在しているハワイはカウアイ島へ。 へぼプレーヤーの身に余りすぎ、何とももったいない話です。 少しは上達するといいのですが・・・。 (というなら、普段から少しは練習しろっつうことです。)

 そんなわたしの関心事はここでもやはり食べること。 カウアイ島の特産物を調べてみました。
 ・カウアイコーヒー
 ・Kauai Kookieという名のクッキー
 ・Aunty Lilikoiのドレッシングやシロップ
他にもハワイアンソルトを探そう。

・・・食べるぞカウアイ。 
[PR]
by minabako | 2006-01-31 12:16 | 遊ぶ
食事を作りたくないときは ソノニ
今日のわたしのひとり昼ごはん。
d0036318_12494770.jpg
オットの出張が続くと食生活が貧弱になります。 ちきしょー、今頃美味しいもの食べているんだろうなーと恨みながら、冷蔵庫をごそごそ。 しかし、一品作るのが精一杯。 ここで倒れてERに運ばれて胃の中のものを検査されたらと思うと、恥ずかしくておちおち倒れてられないよ。

 そんな私に、友人がお弁当屋さんを教えてくれました。 魚、肉、根菜、海藻とバランスもよく、味もお弁当にありがちな濃い目の味ではなくおいしかったです。 これでたったの$4。(ご飯付きだと多分$5) あっぱれです。

 友人曰く、お昼は早めに行かないとなくなるそうです。場所はソーテルのグラナダマーケットの隣の隣。

●TEMPURA HOUSE
1816 Sawtelle Blvd. Los Angeles 90025
310-479-5989
[PR]
by minabako | 2006-01-29 13:04 | 食べる
投資家の誕生なるか?!
d0036318_552260.jpg 日本では「堀江社長逮捕」のニュースで沸き立っています。 彼の強引な手法はあちこちで批判を巻き起こしていますが、一般投資家を株式市場に誘引した牽引力はすごいと思っています。 

 わたしもですね、なけなしの貯金を株に投資しようかと考えているところなのです。 かつて金融機関に勤めながら、投資に対しては超保守派で今までに投資したのはローリスクタイプの投資信託50万円のみ。 ところがこの50万円、日経平均が現在の2/3程度の時期に買ったため、いまでは結構含み益を産み、単純なわたしは「おっ、投資もいいかも。」と思い始めているわけです。 まぁ、所詮は臆病者なので、小さな金額しか投資できないでしょうけど。 銀行預金の金利を越えられたら上出来とします。

 銀行の金利、日本に比べるとアメリカの金利はいいですね。 (どうやらこれ以上の利上げは微妙そうですが。) 我が家はアメリカでの口座にインターネットバンクと、ATMの利用できるナショナルバンクの二つを利用しています。 商品にもよりますが、概ねインターネットバンクの方が利率がいいようです。  

 日本とアメリカ間の海外送金については、実際には試したことがありませんが、コチラが詳しそうです。

 株で儲けたらどうしよっかなー、なんて、1円も投資しないうちからいろいろ考えています。 もはや宝くじと同じか?!
[PR]
by minabako | 2006-01-26 06:33 | 殖やす
だし
 最近はダシにできそうなおいしい話も転がっておらず、平凡な毎日。
ならば、本物のダシの話。

d0036318_9554475.jpg今さらですが、最近まじめにダシを取るようになりました。 昆布と鰹節と削り節。 面倒に思っていたのですが、料理の前にまとめて取っておけばだいした手間でもないんですね。余れば冷蔵庫行き。
d0036318_9533510.jpgとはいえ、ダシパックも健在。 こちらは日本からのお土産、丸三食品の「ふりだし」と「純だし」。 自然な味でおいしいです。
d0036318_9585873.jpgこの半練りタイプの「味覇」を使うようになって、中華が格段に美味しくなったような気がしています。 この存在感のあるパッケージ、怪しそうですが添加物は含まれていないそうです。
d0036318_1033564.jpg"Better Than Bouillion"シリーズのビーフとチキン。 「味覇」ほどの感動は全くないけれど、固形のコンソメより美味しい気がしています。
d0036318_10105135.jpgシーフードリゾットを作ったときに買ったけど、以来出番なし。 削り節で代用できる気がしているんですが、どんなもんでしょう??

[PR]
by minabako | 2006-01-21 10:16 | 食べる
ささやかな(ささやかすぎる)一歩
今年の抱負の一つは、少しは運動すること。
 去年一年、ほーんとに体を動かしていないんですよね、週に1,2度のヨガだけ。 それでもわたしはまだましだけど、オットなんて多分トイレに行くときくらいだよ、歩くのは。 (まさに「五十歩百歩」を地でいくわたしたち。)

 心機一転、運動をしよう!と思ってはみたものの、「毎日」となると途端に途方にくれてしまう私たち、兎にも角にも何か始めることが先決と、毎朝歩いてみることにしました。 d0036318_16114081.jpg
たかが散歩、されど散歩。 朝が弱い二人には、30分早く起きることが一苦労。 おまけに意思も弱いので、お互いを叱咤激励しないと続きません。 今のところ、平日は皆勤賞ですが、オットが出張で不在の日はとーぜんお休み?!

d0036318_1616504.jpgもう一つ、始めたのが土曜日の午前中のヨガ。 たいして早い時間じゃないのですが、朝から活動して何だかすごくアクティブになったみたいに錯覚。

 このささやかな一歩、果たして一年間続くのか?!
[PR]
by minabako | 2006-01-18 16:24 | 暮らす
オーガニックにするべきか、どーか。
 日本で主婦をしていたことがないので、日本の状況はよくわからないけれど、ここに住んでいるとオーガニックの食材はわりと簡単に手に入ります。
d0036318_10174040.jpg

 以前はオーガニックかどうかは、まーったく気にしていなくて、新鮮かどうかが食材購入の唯一の判断基準。
 どの食品が本当に安全で、どれが危険なのかは、食べる段階で究極的にはわからないのだから、「色々な食材を色々な購入先で買うのが最善のリスク分散」、というのが自論だったのです。  乳製品と、鶏肉、卵くらいかな、いつもオーガニックを買うのは。でもこれも「何となく」。

 今でも「残留農薬」にそれほど目くじらをたてる方じゃないけど、オーガニックの食材のほうが美味しいような気がすることもあるのよね。 食費だって、外食の回数をちこっと減らせば賄える(と思う)。
 そんなこんなで、最近「オーガニック」が少し気になっています。

 ところで、野菜や果物についている数字の書かれたラベル、これが何を意味するのか疑問だったのですが、ようやくわかりました。

 このサイトによると、キャッシャーの人が会計を効率よくすすめるために、1990年以降導入されたラベルだそうです。 りんご一つとっても、銘柄によって、オーガニックかどうかによって違う値段をラベルを見ることによって正しく会計するためのもの。ちなみに、
d0036318_10181234.jpg  ・オーガニック食材:"9"で始まる5ケタの数字
  ・オーガニックでない食材:"3"か"4"で始まる4ケタの数字
 というように表示されています。
例えば、オーガニックのフジりんごSサイズは"94129"、オーガニックでないフジりんごは"4129"といった具合。 ちょっとトリビア?このサイトの受け売りです。
 
 さらにちなみに、
 "100% Organic" とか "Certified Organic"と表記されていれば、その食品の原材料がすべて一定の基準を満たしたオーガニックの食料。 
ただ単に"Organic"となっていれば、原材料の95%がオーガニック。

 おなかが空いたので、今日はここまで。 オーガニックでないジャンクフードを食べてきます。 では。
[PR]
by minabako | 2006-01-13 09:15 | 食べる
サンタフェへ行く。
 本当はスキーリゾートに行く予定が、予約に完全に出遅れどこも×××。 そこで急遽行き先を変更して出かけたのが、サンタフェ。 そう、宮沢りえのあの写真集の撮影地です。 
 「この街にはギャラリーが集まっているようだ」程度の情報で出かけたのですが、実際は「この街はギャラリーでできている」。 街中がギャラリーなのです。300以上もあるのです。

d0036318_1355454.jpgd0036318_13551995.jpgd0036318_13554279.jpg

d0036318_13565277.jpgd0036318_13563779.jpgd0036318_13571287.jpg
d0036318_14461822.jpgd0036318_1411535.jpgd0036318_1412735.jpg
次の場所に移動する予定をもう半日伸ばしても、でもまだまだ見足りない。
 あちこちに”Collector’s Guide”という立派なギャラリーの紹介本が置いてあるので、それで目星をつけながら出かけると、あとで「しまった」となりません。 ギャラリーに興味がなくても街自体がアメリカらしくないかわいらしい場所なので、ぶらぶら散策するだけでも楽しめます。

 なぜここにギャラリーが集積したのかはよく知りませんが、花の絵で有名なジョージア・オキーフもここに移り住んでいます。 それほど大きくはありませんが彼女の美術館もここにあります。

サンタフェ、いやー、実によかったです。 7月から8月にかけて毎年屋外でサンタフェオペラも催されます。 その時期にまた行ってみたいものです。
[PR]
by minabako | 2006-01-09 14:10 | 旅する
ホワイトサンズ
元旦の日の午後、ニューメキシコ州にあるWhite Sands National Monumentへ出かけました。
d0036318_1143592.jpg

見渡す限りどこまでもどこまでも、白い砂(正確には太古の昔の海の堆積物だそうです。)が続いています。 自分が今どこにいるのかわからなくなるような不思議な景色。
この日は朝強い風が吹いたそうで、風紋がきれいに残っています。
d0036318_11322815.jpgd0036318_1132393.jpgd0036318_11471682.jpg
d0036318_11455948.jpg

近くで遊んでいたコドモ。 はしゃいで丘を転げまわっていたかと思うと、次は一人で物思いに耽っていたり。 なんともキュートガイです。
d0036318_1147471.jpgd0036318_11472963.jpg
二度と来ることはないだろうけど、でもきっと忘れることのない場所です。
[PR]
by minabako | 2006-01-06 11:55 | 旅する