<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日本人デザイナー万歳。
 今朝、新内閣組閣のニュースを見ていたら、麻生外務大臣が、「今、3つの"J"が旋風を巻き起こしていますぅ!! J-Pop, J-Fashion, Japanimationですぅ!!」と叫んでいた。

 それもそうかもしれないけど、私は日本を離れてみて、日本人デザイナーは世界で(アメリカで?)日本人が認識している以上に評価を受けているように感じる。

 たとえば、プロダクトデザイン。d0036318_11114141.jpg
手許にある我が愛するMoMAショップのカタログを数えてみたら、59ページの中に30もの日本人デザイナーのよる商品が。
他にも全米の美術館、特にモダン系のショップを覗くと、日本人によるデザイン、日本的なデザインの多いこと。

 たとえば、工業デザイン。
d0036318_11145354.jpg フェラーリやマセラッティをデザインするピニンファリーナ社のデザインディレクターに就いていたのは奥山清行さんという日本人デザイナー。
(先週、辞職を発表。 ついでながら、彼の守備範囲は身の周りのものから都市計画までと、とても広い。 彼の手によるティーポットは本当に美しい!)

 たとえば、建築デザイン。d0036318_1120487.jpg 
 気のせいか、現代美術館の設計によく日本人が起用されているような。
NYのMoMAは谷口吉生による設計。 先月行ったテキサスはフォートワースのある現代美術館(←)は安藤忠雄。 LAのダウンタウンにある現代美術館(MOCA)は磯崎新。
他にも、NYのグラウンドゼロ跡に建つ高層ビルの一棟は槇文彦設計。

 美術館(特にモダン系)や建築につい関心が向くので、目に付いただけなのかもしれないけど、この活躍ぶりは結構すごいんじゃないだろうか。
シンプルで端正、ちょっと気の利いている今の日本のデザイン、もっともっと日本人自身が誇りにしていいような気がします。

 MUJI(無印良品)のアメリカ進出も納得。 日本の売価と日本語の説明を印刷したシールが貼られたまま売られているのは、センスないけどね。
[PR]
by minabako | 2006-09-27 11:19
Gmailが使えるらしい。
d0036318_852886.jpg 米人学生が時々gmailのメールアドレスを使っているのが気になっていました。 まぁyahooメールとかhotmailの類だろうと思っていたのですが、どうやら、ぐっと気の利いたサービスのようです。

・メールが検索できる。
複数のラベル付けができる。
 (新住所を知らせてくれるメールにラベルを付けたら、後で探しやすそう。)
・アカウント名に勝手に".(ドット)"で分割したり、"+●●"をつけても、同じメールアドレスで受信できる。
 例えば、abcde@gmail.comというアドレスを持っている場合、
 abc.de@gmail.com でも、
 abcde+xyz@gmail.com でも同じアドレスにメールが届く。
 (ネットで買物するとき等の捨てアド代わりに使えたり、連絡網で使えそう。)
スレッド形式で表示されるので、やり取りが長くなっても探しやすい。
スパム削除機能も強力らしい。
・容量が2.7GBある上に、上限に近づくとさらに容量が増える仕組みになっているらしく、実質的に無制限で使える(らしい)。
・メール1通の送受信も10MBまで
まだまだ色々ありそうですが、よくわかりません・・・。

 ここまで色々な機能が備わったメールが無料で使えるとなると、今有料で使っているメールアカウントの意味は???と思ってしまいます。
おまけにGoogleのホームページも色々とカスタマイズできて、使い方によっては便利そうです。
ただ、このGmail、メールの内容を自動解析してその内容に沿った広告を掲載することで収益を上げる仕組みのようで、コンピュータによる解析とはいえ、ちょっと気持ち悪かったりもします。

 このGmailのアカウントの取得ですが、従来はGmailのアカウント保持者からの招待制のみだったようですが、日本からは誰でも取得可能に、アメリカからはテキストが受信できる携帯電話があればパスワードが取得でき、メールアカウントが作成できます。

 日本ではまだそれほどメジャーではない(?)ので、日本語にちなんだ好きなアカウント名を取りやすいというのが今一番の魅力かも。
[PR]
by minabako | 2006-09-18 09:33 | 暮らす
"The Path to 9/11"
 あの9/11からもう5年が経とうとしている。 世界中の人が「あの日」自分が何をしていたか、どこで誰とニュースを聞いたか覚えているであろう「あの日」。

d0036318_804072.jpg 5周年を迎えるに当たって、各テレビ局が特別番組を放映するようですが、最も話題になっているのはABCの"The Path to 9/11"のようです。
6時間のドラマは、コマーシャル無しで二日間に分けて放映予定。 題名の"Path"が示す通り、9/11に至るまでの道のり、90年代が描かれるもの。

 ところが、90年代を描くとなると、勢い93年から01年まで政権の座にあったクリントンの政策を批判するということになる。
 例えば、クリントンがスキャンダルの後始末に追われて対応が後手に回った、9/11以前にオルブライトがビンラディン攻撃への支援を拒否した、というように。 一方でマイケルムーアがFahrenheit9/11で風刺したようなブッシュの対応のまずさについてはあまり触れられていない模様。
 そのため、クリントンサイドからは、「中傷、事実の歪曲だ」という抗議の声が上がっている。
 また、詳しくはわかないのですが、マスコミ向けに配られたプレリリースDVDには異なる編集バージョンが有り、どれが実際に放映されるのかにも注目が集まっている様子。

 アメリカがイラク介入の口実の一つにしていた、フセイン政権とアルカイダの関係もなかったと公表され、中間選挙を控えている中、微妙に政治的な綱引きも見え隠れしますが、どんな内容になっているのでしょう・・・?

 日本語字幕がつくと最高なのですが、そんな訳ないので、録画してキャンプションを付けながらちまちま観ようと思っています。

●放映時間
 ABC系列
9/10(日) 8pm-11pm Pacific Standard Time(!)
9/11(月) 8pm-11pm 同 (但し当日の大統領演説により変更の可能性有り)
[PR]
by minabako | 2006-09-10 08:46
大統領、いまむかし
 呼吸するのもダルいくらい暑い南部旅行から、無事帰還。 こんなに快適なロサンゼルスから、何故不快指数ウナギ上りの南部にわざわざ行くのか、という極めてごもっともな指摘はさておき、地味ながらも、なかなか滋味に富んだ旅行でございました。

 ヒューストンからダラスに向かう途中、5時間のドライブのうち1時間はハンドルを握ろうという程度の慎み深さを持ち合わせるワタシが運転する横で、オットが「ブッシュ牧場に行ってみたい」、と。  
 ただただ「ワタシも運転したしー」と言える距離を稼ぎたいワタシは、どーでもよかったですが、もうその時には、携帯で調べている。・・・どうやら少し寄り道すれば行ける場所にあるらしい。
 
 まぁ少しの寄り道ならいいか、とオットの指示するまま高速を降りて州道に入った訳ですが、これがすごい。 
 何がすごいって、めちゃめちゃ田舎の片側一車線の州道なのに、ワタシがアメリカで見た中で一番なのは間違いないほどきれいに舗装された道路。 すーっと滑るように車が進むのだ、これが。 対向車なんてそれほどいないから制限時速70マイル(113キロ)。 高速じゃないですよ、一般道。 さすがはブッシュのお膝元。 
d0036318_8432222.jpg  Crawfordの町に入るとこの看板。 
 詳しい場所がよくわからないので、町の人に聞きながら向かうも、「ここがブッシュランチです」なんて看板が出ている訳じゃないから、よくわからない。 

 ようやくそれらしき場所だとわかったのは、放し飼いの猛犬に吼えられ、さらに行き止まりになっている道の奥で、怖そうな2、3人にじろりと睨まれたから。 

d0036318_8512779.jpg 帰宅してよくよく調べてみると、中はこんなに広かった。 これからいってみたい方(←いないって。)、この四つ角の奥ですよ。

 お次はケネディが暗殺されたダラスへ。 ケネディを暗殺した銃弾が発射されたとされる場所がミュージアムになっています。 ケネディの業績から暗殺をめぐる様々な陰謀説の紹介まで、とーってもよくまとめられていて、結局4時間くらいかかって全部見終わりました。 ヒソカに歴史ヲタのワタシ、満足です。 
d0036318_942463.jpg←こんな感じでオズワルドが銃殺した、というのが公式見解。
 ただ、ケヴィン・コスナーの映画にもなっているように、オズワルドの犯行とするには辻褄の合わない点も多く、今でもCIA陰謀説、とか、ソ連犯行説、とか、百家争鳴。 コチラのサイトに詳しいです。

 暗殺関係も興味深いのですが、当時のアメリカ国民の、熱狂的ともいえるケネディへの期待もよくわかります。 43歳と若くて、未来への希望を語る大統領と、その美しい妻。 ちょっといい感じ。

 そういえばアメリカには、歴代大統領の名を冠した施設が多い。 思いつくだけでもJFK空港、ケネディスペースセンター、ロナルドレーガン空港、空母レーガン、ジョージ・ブッシュ空港、とか。 大統領が権威ある存在として認知されているから? ちょっといい感じ。
 日本も、小泉空港、中曽根道路、橋龍センター、・・・かなりいけてない。
[PR]
by minabako | 2006-09-07 09:34 | 旅する