<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
生タイガー・ウッズ
 アメリカでの楽しみの一つに、プロスポーツ観戦があるように思いますが、週末ようやくプロゴルフツアー観戦。 サンディエゴ近くのTorrey Pinesで開催されたBuick Invitationalへ、生タイガーを観てきました。

 ちょっと前まで、ゴルフのレッスンを受けていたのですが、その先生曰く「プロのゴルフツアーへは朝早く行って、練習場でプロがラウンド前に練習するのを見ると何度もスウィングが見られるのでいい。」そうです。
と言うわけで、近くのホテルに泊まり開場とほぼ同時の7時頃にはゴルフ場に入り、練習場に陣取ってきました。 
 わたしが知っている数少ない出場ゴルファーの中で、フィル・ミケルソンはスタート順が早いので早々に登場。 でかいです、彼。 でもって、ボールが恐ろしく早く遠くへ飛んでいきます。 あんな風に飛ばせたら気持ちいいだろうなぁ。 (って相手はメジャー大会でも優勝しているプロだった・・・。)
 ビジェイ・シンはグローブを脇に挟んでスウィングしたり、斜めに立てたポールでクラブの角度を確認しながら打ったりと、かなり長い時間の練習。 面白いのは、かなりの選手がクラブ自分の前に置いて、足の位置を確認しながら打っていること。 プロでも基本的な練習もするんだー。

 さて、ラウンドの観戦。 8番ホールでは目の前でタイガーがバーディパットを決めるのを、最後の18番ホールではタイガーのティーショットを見てきました。(残念ながらカメラの持込が禁止なので、写真はありませんが。)
 この日、首位に2打差でスタートし、ぐんぐんスコアを伸ばしたタイガー、やはり周りの空気が違います。 ギャラリーの数ももちろんダントツ、タイガーと一緒にすごい数の人が一緒に動きます。 タイガーチャージの結果は優勝、さすがです。

 テレビ観戦と違って面白いのは、ゴルファーに近いこと。 3位と好成績だったルーキーのBrandt Snedekerは練習場までの道ですれ違い、彼の方から手を上げてくれるし、Bill Haasは帽子にサインしてくれました。

おまけに!
[PR]
by minabako | 2007-01-31 04:01 | 見る・聴く
ハンドクリームジプシーの行き着いた先
 LAの容赦ない紫外線に加え、陶芸(再び、週4日ロクロ回してます。)で手を洗う回数が多いため、手荒れが気になりまくっています。
 家のあちこち、車の中と数知れぬハンドクリームを常備し、気がついたらすぐ塗り塗りしていますが、どーもその場限りのようで、往年の(?)しなやかさは失われ、とほほな状況。
この後もよさそうなハンドクリームはあれこれ試してはいますが、どれも決め手を欠く。 いよいよ、アレの登場です。
d0036318_17221619.jpgd0036318_17123524.jpg

ブリスのクリームとグローブのセット

豆粒ほどのクリームを塗った後、グローブをはめて20分。 どういう訳か、手がじんわり温まってきます。 グローブをはずすと!!!、し~っとり。 週に1,2度でいいそうですが、あまりの気持ちよさに毎日はめたい位。 陶芸に行っちゃうと、2日ほどで効き目がなくなっちゃうものの、他のクリームに比べるとしっとりさが違います。 グローブは50回ほど使用可能。 

 残念なのは日本では買えなさそうなこと。 帰国前に買って帰るか、それとも日本にはもっと素晴らしいものがあるのか・・・。 う~ん、手荒れジプシーはまだまださすらうのでした。
[PR]
by minabako | 2007-01-25 12:19 | 買う
グリフィス天文台へ
d0036318_12481092.jpg

 すっかり更新のペースも鈍っておりますが、変わりなく元気でございます。 今年の初場所(お相撲ね。)は夜11時から1時までの生中継を見続けたおかげで、どうも生活のペースが乱れておりました。 この場所、早々に大関陣が総崩れ、なんとも面白くない場所じゃとぶつぶつ言っておりましたが、終わってみるとお相撲中継のない生活はなんとも寂しいものです。

 さて、週末はグリフィス天文台へ。
 「夜景がきれいな」が枕詞なグリフィス天文台ですが、正直、東京や神戸、NYの夜景のほうが変化があってきれいだと思ったのは私だけ? 期待が大きすぎると、10勝では物足りない白鵬の成績のようです。 まぁ、山腹のハリウッドサインもよく見え、だだっ広いLAを見渡すと、ロサンゼルスだわっ感が味わえるのは確か。

 プラネタリウムに入るには、時間指定のチケットを当日窓口で買う必要があります。($7) グリフィス天文台に着いたらすぐ、売り出される時間を確認しておくと買い損ねることもないでしょう。
 車でのアクセスは制限されていて、指定駐車場から予約制のシャトルに乗ることになりますが、48時間前から予約可能なGreek Theaterの駐車場の場合、駐車場料金もシャトル料金も無料でおトク。 コチラで予約可能です。 
[PR]
by minabako | 2007-01-23 13:21 | 遊ぶ
New Year's resolution
明けきりまして おめでとうございます

年の暮れからお正月にかけて、今年は今までになくゆったりと過しました。
自作のおせち料理らしきものをつつき、あとは近場をぶらぶらと。 アメリカのカレンダーに合わせて、1月2日から始動したのですが、どうもいまだ加速は不十分、いつにも増してスローペースで生活しています。

さて、今年の抱負、ひとつだけ決めました。
 1週間に一つだけ、「重要だけど緊急性の低い」を予定をいれてそれをこなすこと。
d0036318_1072942.jpg昨年の秋に、英語の課題で仕方なく"The 7 Habits of Highly Effective People"という、アメリカで割とよく売れている(一説には1500万部とも)、人生をいかに素晴らしく生きるかがテーマな成功哲学チックな本を読みました。  この手のハウツー本は全く興味がないので、嫌々読んだのですが、一つだけうなずいたことがあります。
 重要性の高低、緊急性の高低でマトリクスを作って、自分のするべきことを当てはめていくと、人は「重要性は高いけど、緊急性が低い」ものを一番遠まわしにする傾向がある、しかし実はこれをすることが、他のすべての用事を実効的に進めるキーになる。
例えていうなら、必要なときになって慌てて探し物をするのでなく、思い切って引き出しの中身全部整理しておく、とか。 そうすると、それ以降に探し物をする時間がぐっと減らせるのです。

 話は飛ぶのですが、以前から時々偏頭痛や腰痛に悩まされているので、最近鍼と東洋医学の治療を受け始めてみました。 そこで先生に言われたのですが、わたしは虚弱体質気味だというのです。
 今まで自分でそんな風に思ったことがないのでちょっとびっくりですが、確かに体力が落ちているのは間違いありません。 基礎体力をつけていくということも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」ことの一つ。 ついつち後回しにしてしまいがちだけど、この日のこの時間は必ずこのエクササイズをすると決めてやろうと思っています。

 でも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」予定は1週間に一つだけにするつもりです。 たくさんあると嫌になっちゃうし、一つだけなら自分に言い訳もできなさそうですし。
 不言実行ができないので、ここに公表してみました。 
[PR]
by minabako | 2007-01-06 10:37 | 暮らす