<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スキー! スキー! スキー!
d0036318_1413940.jpg
 スポーツの中でスキーが一番好きです。 というか、唯一人並みにできるスポーツがスキーです。
 泳げないワタシはダイビングに南の島に行こうとは思わないし、500メートルも走ったら倒れちゃいそうなワタシはマラソン走りにホノルルに行こうとは決して思わないけど、スキーをしにベイルには行きます!
 何せ、
 ①広大:一日ですべてを滑りきれないくらい 一本がめちゃめちゃ長い
 ②雪質:すばらしいパウダースノー、圧雪も十分
 ③人の密度がすばらしく低い:リフトに並ばない、滑っていてぶつかる心配がない
 ④ビレッジ:レストラン、ショップが充実

子供のころから早や四半世紀スキーを滑っていますが(日本だけでね)、今までのスキーは何だったんだと問い詰めたくなるような、そんな衝撃。
 
d0036318_14325196.jpgいいことばかりじゃなくって、 最寄の空港(LAXからイーグルカウンティ空港まで直行便有り)から、スキー場までわずか30分の距離のシャトルが一人片道$46(チップ別)とか、 リフト券が一日当たり$85とか、 ゲレンデで食べたベーグル+水で$8、バーガーとコーヒーで$20弱とか、 思い出すだけでキーボードを叩く手が震えちゃいそうな位、インフレメーター振り切れちゃっているのが「・・・」。
まぁ、それでも今までの3倍は充実したスキーだったので、そろばんはあうのかもしれません。
 d0036318_14423281.jpg
こちらは2年前に行ったベイル。
今回はビーバークリークで。 個人的にはビーバークリークの方が面白かったです。     
[PR]
by minabako | 2007-02-25 14:45 | 旅する
チョコな日々。
d0036318_11413637.jpg 今年のバレンタインもまた、うちのオットは出張中。 しか~し、サンフランシスコに行くと言うので、日経新聞の「アメリカチョコレートランキング」で見たチョコレートの購入指令を発動。
Recchiutiというお店のもので、新聞のランキングでは2位のもの。 オーガニック農家の作るハーブを織り込んだチョコレートが特徴。 
指令は一箱だったのですが、2種類買ってきてくれました。 いぇい。

 ちなみに、このランキングで1位だったのが、テキサス州ダラスにほど近いPlanoという街にあるNokaのチョコレート。 新聞の説明によると「フォーブス誌で世界一高額のチョコレートと紹介されたこともあり、2004年のゴールデングローブ賞の候補者に配られた」のだとか。 知っていれば去年の夏にテキサスに行ったときに寄ったのに~!!

 10位までの内、5つはNYのお店、その内3つは食べたことがあるのですが、知らなかったお店もありこれまた知っていれば寄ったのに~!!
 残念ながらLAのお店はランクインしていません。  ビバリーヒルズとブレントウッドにあるK CHOCOLATIERのチョコレートは十分美味しいし、見た目もグッドだと思うんだけど、なぜだ?!

d0036318_1235848.jpgチョコホリック気味なワタシ、最近アメリカではカカオに含まれるフラボノイドが赤ワインよりも多いという理由で、ダークチョコレートが健康的な食べ物的に見られつつあるようで(砂糖たっぷりのチョコじゃ意味ないけどね・・・。)、罪悪感をあまり感じずに食べられるのは嬉しい限り。 頂き物のチョコレートがこんなに集まって、うひょうひょな日々なのです。 チョコレート万歳。


ちなみに、新聞のランキングの結果
[PR]
by minabako | 2007-02-17 12:25 | 食べる
日本語ヨガ
d0036318_1121307.jpg ロサンゼルスに越してきてから、少ーしだけヨガをかじっています。 
ヨガを終えたあとの爽快感が好きなのですが、「定期的に運動する」習慣のないワタシにとって、「続ける」というのは、なかなか高いハードルなのです。

 そんなナマケモノがここのところ週に1回でも続けているのは、sakura_usさんのパーソナルトレーニングを受けているからです。 sakuraさんはヨガワークスでティーチャーズトレーニングを修了し、現在はYMCAでも教えているヨガインストラクター。 きめ細やかに、まさに「痒いところに手の届く」教え方でお世話になっています。

 ヨガスタジオに行くと、早口でよく喋る先生だと何を言っているんだかわからなくなってしまうし、言葉数が少ない先生だと今度は自分のポーズがあっているかどうかわからなくなって、結局どの先生でも周りをキョロ見しちゃうことになるのですが、sakura先生はもちろん日本語、おまけにひとつひとつのポーズについて非常に丁寧に解説してくださるので、「そうだったのか!」ということ度々。
 おまけに、特に悪いところ(わたしだったら股関節が堅いとか、肩がはっているとか。)を中心にメニューを組んでくださるので、続けるほど体の調子がよくなる。 先日はオットも強制参加させて、sakuraさんが私の体をアジャストする方法まで教わってしまいました。
 ただの「終って気持ちいいヨガ」から「体の調子を整えるヨガ」へ移ってきたようです。

 ヨガを始めたいけど英語で受けるのはちょっと・・・、とか、体の調子の悪い部分を中心的にプラクティスしたいという方にはオススメです。
興味のある方は、sakuraさんのブログに記載されているメールアドレスに連絡してみてください。
[PR]
by minabako | 2007-02-16 11:39 | 治す
たわしからバッグへの道のり
d0036318_7505849.jpg きっかけは、daysofWLAさんのコチラです。
過去、家庭科の授業の編み物はすべて母にやってもらい、自分には編み物はぜーったいできないと思い込んでいましたが、ふと「たわし」を編んでみたくなり、daysofWLAさんに編み方を教わったのです。
糸の持ち方から始まり、「今わたしどこ編んでいるんだっけ?」というアホな質問にも呆れた顔一つせず、「たわしなんだから形がいびつでもいいのよ~。」と暖かい声に励まされた甲斐あり、なんとか一人で「たわし」が編めるようになったのが3ヶ月ほど前。

d0036318_894039.jpg となると、俄然「たわし」作りに目覚め、せっせせっせと編むものの、肝心の「たわし」が使われることなく(=掃除することなく)積み重なるのを見かねたオットに別のものにしたらと言われ、それもそうだと路線を変更した先がこちら。 レース糸で作ったコースターです。

 これまたあっという間に出来上がるので、再び積み上がるコースターを前に、別のものを作ったらと言われ、それもそうだと路線を変更し、バッグを編み始めたのが一月前。
 今度は思った以上に大変で、一日一、二段編む程度ではなかなか進まず、ようやく本日完成したのが↑のもの。

d0036318_81708.jpg これもレース用の細い糸で編んでいるのでかなりしっかりしていますが、最後は裏地もつけてみました。 
 
 そうして、マイブームがまたひとつ、過ぎ去ろうとしています。 ひゅるる~。
[PR]
by minabako | 2007-02-03 08:27 | 作る