New Year's resolution
明けきりまして おめでとうございます

年の暮れからお正月にかけて、今年は今までになくゆったりと過しました。
自作のおせち料理らしきものをつつき、あとは近場をぶらぶらと。 アメリカのカレンダーに合わせて、1月2日から始動したのですが、どうもいまだ加速は不十分、いつにも増してスローペースで生活しています。

さて、今年の抱負、ひとつだけ決めました。
 1週間に一つだけ、「重要だけど緊急性の低い」を予定をいれてそれをこなすこと。
d0036318_1072942.jpg昨年の秋に、英語の課題で仕方なく"The 7 Habits of Highly Effective People"という、アメリカで割とよく売れている(一説には1500万部とも)、人生をいかに素晴らしく生きるかがテーマな成功哲学チックな本を読みました。  この手のハウツー本は全く興味がないので、嫌々読んだのですが、一つだけうなずいたことがあります。
 重要性の高低、緊急性の高低でマトリクスを作って、自分のするべきことを当てはめていくと、人は「重要性は高いけど、緊急性が低い」ものを一番遠まわしにする傾向がある、しかし実はこれをすることが、他のすべての用事を実効的に進めるキーになる。
例えていうなら、必要なときになって慌てて探し物をするのでなく、思い切って引き出しの中身全部整理しておく、とか。 そうすると、それ以降に探し物をする時間がぐっと減らせるのです。

 話は飛ぶのですが、以前から時々偏頭痛や腰痛に悩まされているので、最近鍼と東洋医学の治療を受け始めてみました。 そこで先生に言われたのですが、わたしは虚弱体質気味だというのです。
 今まで自分でそんな風に思ったことがないのでちょっとびっくりですが、確かに体力が落ちているのは間違いありません。 基礎体力をつけていくということも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」ことの一つ。 ついつち後回しにしてしまいがちだけど、この日のこの時間は必ずこのエクササイズをすると決めてやろうと思っています。

 でも、「重要性は高いけど、緊急性が低い」予定は1週間に一つだけにするつもりです。 たくさんあると嫌になっちゃうし、一つだけなら自分に言い訳もできなさそうですし。
 不言実行ができないので、ここに公表してみました。 
[PR]
# by minabako | 2007-01-06 10:37 | 暮らす
12月26日といえば・・・。
d0036318_1235147.jpg 12月26日にすることはただ一つ! 買物だ~! アフタークリスマスセールのスタートです。
前から手帳の12/26の欄には「買物」とだけ書いて、やる気十分、あれこれ回る気でいたのですが、今朝はどうもスローモード、ようやく出かけたのは午後になってから。 結局近所のモールを一回りしただけで、弓折れ矢尽き帰ってきました。 どうも今年のセールは商品が充実していないような・・・ぶつぶつ・・・ これじゃぁ消化不良だ・・・ぶつぶつ・・・

 それでもついつい買ってしまう、クリスマス商品。 今日からはどこも半額なので、来年分のカードとおぼしき量のまとめ買いをしている人もちらほら。年賀状と違って干支が関係ないのは、こんなときいいのね。
 クリスマスプレゼントの返品の列もすごい。 アメリカではギフト用のレシートも一緒にプレゼント、気に入らなければ返品(または交換)できちゃうのですが、今日のバナリパのカウンター後ろに積み上げられた返品の山は圧巻。
 セールはオンラインショッピングでも。 アマゾンをちょっと覗いてみると、プラダやフェンディ、グッチの75%offなんていうのも。 この手のブランドバッグに最近興味が薄れているので、わたしはお客さんになれませんけど。

 セールはまだまだ続く、陣を立て直して再出動じゃ~。
 その一方で、次の引越しでは服や靴、かばんを徹底的に整理しようと考えるわたし。 あぁ自己矛盾、パラドックス。
[PR]
# by minabako | 2006-12-27 13:01 | 買う
急須にとりつかれて
 陶芸の秋のセメスターもようやく終了。 今ターム、作りに作ったりその数50点を越えました。 といっても満足のいかない作品が殆ど、そのままお蔵入りですが、この急須3点は気に入っています。
d0036318_100553.jpg

d0036318_1061049.jpg アメリカでは見つけられなかった「つる」は、日本で買ってきたものです。
3点の中ではやや小ぶり、二人用にはちょうどいいサイズですが、この急須にこのつるはちょっと大きすぎかもしれません。 
d0036318_1065962.jpg 苦手の釉薬がけですが、3点の中では一番きれいに出たもの。 残念ながら蓋の安定感がいま一つなので、実際に使われるかは・・・?
d0036318_1083228.jpg 総合点でこれが一番です。 なので、「つる」は市販のものではなく、あけびと籐を使って編んでみました。
d0036318_10121496.jpgd0036318_10122775.jpg日本でも陶芸の総合展ドームやきものワールドやデパートに並ぶ急須ばかり気になっていました。 よく見てみると、本体も注ぎ口も蓋も持ち手もいろいろな形があるものです。
 写真の左は、昔陶芸を教えていたヘレンの作品、右は日本でみつけた常滑焼。 プロの作品を見ると、自分の作品の改良点がたくさん見つかって、まだしばらくは急須にとりつかれていそうです。

 そーんなワタシは、熱い日本茶を飲む習慣がありませーん。 ちなみに日本酒も飲みませんが、とっくり作りにも触手を伸ばしています。
[PR]
# by minabako | 2006-12-17 10:23 | 作る
年末恒例
 いくら日中半袖で暮らしているからって、12月は12月。 やることはやらなきゃなりません。
d0036318_10334036.jpg オットのお尻をたたいて、ホリデーカードを作らせました。作っていただきました。
去年のダウンタウンとステープルセンターを削除、代わりに海とディズニーランド(正確にはアナハイムのものじゃないけど。)を。
「会心の作」なんだそうです。 今年も出来上がってよかった、よかった。と安心していたら、まだ出していない人から何通かクリスマスカードが届いてしまいました。

d0036318_1037695.jpg こちらは作らなくても誰も困らないし、誰にも頼まれていないけど、一応自分の中での年末の行事、リースの作成。今年はシルバーです。
しっかし、いくつもあっても飾る場所もないし、だんだんアイディアも枯渇してきたので今年で打ち止めにしようと思っています。 山のように残ったグルーガン・・・。

 ところで、日本では「掃除をして運を呼び込む」的な本がいろいろと売れているようですね。 今年は、年末の大掃除→紅白→年越しそば→おせち→初詣と、海外に居ながら由緒正しい日本のお正月の迎え方を実践したいと思っているのですが、最初の関門は大掃除。 今日こそ始めようと思ったまま早や数日経過。 運を呼び込む的な洗脳を受けて、掃除の神様に降臨していただきたいものです。

明日こそ、水周りの掃除ができますように・・・。
明日こそ、カードを出し終えられますように・・・。
明日こそ・・・。
[PR]
# by minabako | 2006-12-16 10:50 | 暮らす
久しぶりの・・・
d0036318_0561823.jpg ちこっと、ニューヨークへ。
今回のメインイベントは、今年の2月にニューヨークで会う予定だったけれど急病で会えなくなってしまったヘレンが、およそ10ヶ月ぶりに病気から復活したと聞き、久しぶりに会うこと。

 70歳を越えた歳を考えると、4回の入院と3回の手術を経たヘレンは弱っているかなと思いきや、2年前と変わらない元気ぶり。 今はまだ人ごみからの感染を避けるために、近所だけの外出だけだそうですが、そのうちロサンゼルスにも行きたいなんて発言もあって、本当に元気になった様子に一安心です。 毎週お互いの家を行き来していたのはもう2年前ですが、まるで昨日のことのよう。

 変わってしまったのは街の様子! といってもたったの10ヶ月ぶりなのに、アパートから1ブロックでなじみのお姉ちゃんがいたグローサリーが、なななんと痕跡もなく消えて「ユニクロ」に。これが今回最大の衝撃。 95¢だったH&Hベーグルの値段がなななんと1ドル5セントに。 これが2番目の衝撃。 以前はなかったTRADER JOE'SやSur La Tableもマンハッタンに出来、Jamba Juiceの店舗も増えていて、もうマンハッタンにないものは無いわよ状態。 あっぱれです。 真冬のあの寒ささえなければもう一度住みたいものです。今度はユニオンスクエア辺りに。

 とまぁ、ワタシの勝手な感傷はさておき、ホリデーシーズンのNYの様子でも。
d0036318_059536.jpg

d0036318_111793.jpg ↑ 上左 5th Ave. カルティエ
     右 5th Ave. ティファニー
 下 ロックフェラーセンターのツリーとスケートリンク
←  ロックフェラーセンターから見たSaks fifth avenue
    (これのみ昨年撮影)
[PR]
# by minabako | 2006-12-12 01:07 | 旅する
日本にて。
 たった10日の日本行きからLAに帰ってみれば、驚くくらいに朝晩寒くなっていて、サンクスギビングを終えた街はすっかりクリスマス色が濃くなっており、またLAの冬らしくない冬が始まったなーと感じること頻り。

 久しぶりの日本で感じたこと。

①日本に着いてまず感じたこと。 みんな「黒い」。 
 日本人は髪が黒いし、この時期男性も女性も黒っぽいコートやジャケットを着ている人が多いからね。 アメリカに居る人と違って体型も割と均一だから、余計に「みんな」感を強調。

②たった5年離れているだけで、解からなくなっていることの多いこと。
 東京の地下鉄の主要な駅なら、どの辺りに乗れば乗換えがラクかということも把握していたはずなのに、路線図が頭からすっぽり抜けていた・・・。 目黒から日本橋に行こうとして、路線図がないと行けない。
 で、路線図を持っていない私は喫茶店で隣に座っていた人に、路線図を持っていないか聞いてみるも、みんな持っていない、どうやらケイタイで調べるものらしい。新鮮な驚き。
 さらに、5年前はよく行っていた渋谷の本屋さんまでの道、三叉路でどちらに行けばいいのかわからなくなりました。

③本屋さん
 日本の本屋さんは通路が狭くて、ゆったり座る場所もほとんどない。 いくつか見比べて選ぼうとするとき、大荷物で本屋さんに行っちゃって、大型本を選ぼうとすると大変。 立ちっぱなしも疲れるし、気疲れもします。 本屋さんへは体調のいいときに行かなきゃなりません。

④礼儀
 日本の店員さんはじめ、サービス職の方の丁寧なこと! 痒いところに手の届くようなサービスに、笑顔つきの挨拶。 LA行きの飛行機にのる直前、JALのラウンジのおねーさんに「いってらっしゃいませ。」と声を掛けられたときには、これでアフリカとか中南米の奥地に赴任するという時だったら涙が出ちゃうよというサービス。
 反面、普通の人の「礼儀」には首を傾げちゃうことも。 電車に乗り込むときに割り込んできたり、ぶつかっても知らん振り。 ま、超混雑電車の中じゃ、ぶつかるのも靴を踏むのも当たり前だから、空いている昼間だけ「すみません」というのも違和感があるからね。 


 今回、帰りのスーツケースは、食料品を大量持込していた前回とは違い、食料は醤油、みそ、こんぶだけ(もちろんLAにも売っているけど、今回はデパ地下系)。 あとは趣味の本や東急ハンズ系趣味小物。 急須の「つる」とか、つるを編むための「あけび」とか。 さすがにこれはLAでは売っていない。
それにこの期に及んで、両親に買ってもらったり譲ってもらった和食器を一抱え。 あ、あと最近はまりはじめた「かぎ針編み」本他。 おかげでパソコンに向う時間がすっかり減っちゃって、ブログの更新もままならないのですけどね。 

気づいたこと5つ目。
 LAの空港についてすぐ、「あぁまたアメリカの生活が始まるんだなー、ちょっとしんどいわ。」と一瞬感じました。 こう感じたのは初めて。 ま、すぐに忘れていつも通りの日常生活が始まっていますけどね。  
[PR]
# by minabako | 2006-12-02 10:01 | 暮らす
ただ今日本満喫中。
ただ今Japan Tour 2006中。
やや時差ぼけ中。
常に満腹状態継続中。
。。。
[PR]
# by minabako | 2006-11-21 12:59 | 遊ぶ
こねて焼く。
d0036318_43680.jpg

 相変わらずの陶芸三昧。せっせせっせと通っています。
 マイブームが起きてもあっという間に過ぎ去ってしまうのが常だったワタシにしては珍しく、本格的にはまっています。 そして只今急須祭り開催中。 写真の1作目がいま一つ納得できるものではなかったことが急須ブームに火をつけ、今は急須のことで頭がいっぱい。 キュウスキュウスキュウス・・・。 
 作陶過程でも好き嫌いがありまして、ロクロを回すのは好きだけど、釉薬をかける作業は好きでない、結果、素焼きの作品がごろごろ棚に眠っています。 おちょこを父へのお土産にするため、ようやく重い腰を上げて釉薬をかけたのでした。

 家へ帰って、こちらもまた飽きもせず4日に一度焼くパンを作っていてふと思ったこと。 ワタシは「こねて焼く」ものが好きなんだわ! そういえば、最近はパンに卵黄やバターを塗るのが面倒で省略しているのも、釉薬嫌いに似ているのではないか?!
 他に「こねて焼く」ものないのかな~? きっと好きに違いない。
 と、考えてすぐに頭に浮かんだもの。
  「ダダをこねて、ヤキモチを焼く」 
・・・ちょっと違う。(いや、かなり違う。)
[PR]
# by minabako | 2006-11-15 04:20 | 作る
3時起きでも見たいもの。
 朝の3時に起きるというのは微妙です。 2時というなら寝ずに待つ、4時というならめちゃめちゃ早起きという時間帯。 3時というのは・・・? 睡眠の確保を「人生のおける至上の命題」と位置づけるオットにとって、「3時に起きて出かける」というのはすごい決断です。
 そこまでして見たかったもの、それは「ロケットの打ち上げ」。
 以前から、カリフォルニアで打ち上げられる1年分のスケジュールを調べていましたが、いよいよ週末に打ち上げになりそうだということで、いざ出陣。
d0036318_2331970.jpg 目的地はどうやって見つけてきたのか、サンタバーバラの北の山の上です。
 流星群を見るときのように、いつ飛んでくるともわからないものをじーと待っているのかと思っていましたが、ロケットというものは打ち上げられる時間が限られているんだそうです。 今回そのウィンドウタイムは6分、どうやらブランケットに包まってぶるぶる震えて朝を迎えなくても済みそうです。
 霧や風の状態で打ち上げ延期になることはままあり、今回の軍事衛星の打ち上げももともとは1年ほど前に予定されていたもの。 今回もどうなるかと気をもみましたが、結局、打ち上げ予定時刻ぴったりに、ぼわ~んと飛び出してきました。 オット大満足。

 わたしが3時起きでも見たいもの、うーん何だろう。 Metオペラをオーケストラ席前方で見られるのなら3時に起きる。 お相撲を升席で見られるのなら起きる。 流星群でも起きる。  もう1回ロケットを見に行こうといわれたら・・・寝る。
[PR]
# by minabako | 2006-11-11 02:49 | 遊ぶ
なつめが甘い。
d0036318_230116.jpg 半月ほど前、地蔵カフェに参加し、ローフードを教わってきました。 
ロー(RAW)とは「生」の意味、ローフードとはその名のとおり、食材をできるだけ生に近い状態で食べることで健康と美容を追求した食事(ダイエット)です。
 化学的には、食物に含まれるビタミンやミネラル、細胞を活性させる働きを持つ酵素を、熱によって破壊されずに摂取できるので、カラダの抵抗力が養われる、また体内や血液中の不純物が浄化され、肌や髪が艶やかになる。さらに不眠症、便秘、むくみ、関節の痛み、ホルモンのアンバランスなど、常習的な体の不調が解消されるといわれています。   (All About の記事より)

 加熱して作る豆腐もNG、おコメも炊けません。 調理法も食材も限られますが、野菜本来のうまみを存分に味わえます。 生のコーンやカリフラワーが美味しいとは!

 と、教わってきたはずなのに、ウチは肉食獣を抱えておりなかなか実践はできませんが、今まで使ったことのない食材、「なつめ」の使い方を知りました。
 今ファーマーズマーケットに行くと、なつめ(デーツ)の旬のようで、生のものもドライフルーツになったものも売られています。 ドライフルーツになったものは、非常に甘味が強く、砂糖の代わりの甘味付けとして使えます。 料理教室でも、砂糖を使わないで作ったチョコレートムースとバナナピーチパイに利用、びっくりする位十分な甘さです。 コクのある甘さなので、魚や野菜を煮るときに砂糖代わりに使ってもいいそう。
d0036318_2454976.jpg ならば、お菓子を焼くときにも使えるかも? バターケーキを作るときに、乾燥なつめをフードプロセッサーにかけたものを砂糖代わりに作ってみました。
 どれくらい使えばどのくらい甘くなるのか見当がつかないので、1パックの1/3強を使いましたが、これは多すぎたほど、甘味としては十二分。 最後に家にあったリンゴ小1を加えましたが、酸味の多いリンゴをもう少しいれたほうがよかったかな。 なつめのペーストの粘度が高いため、ふんわりした出来上がりにならないのも多いに改良の余地有り。 カカオ度の高いチョコレートと合うような気がしています。
 食物繊維やミネラル等体に必要な栄養素を豊富に含んでいるらしいなつめ、日常の食事づくりにも取り入れて行こうと思っています。
[PR]
# by minabako | 2006-11-06 03:04 | 食べる